この記事のみを表示する2017 お正月。

美味しいもの

こちら岩手。
雪もなく穏やかなお正月を迎えています。

2017年 
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。





どんなお正月をお迎えですか?
世界も日本もとても不安なことばかりですが、この世界で暮らしている
庶民は、誰も争いを望んでいません。
すべてが、過剰な一部の欲の為にかき乱されている感じ。
どうぞ、今年一年良い年になると良いですね。

我が家は、31日に帰省した娘を交えて、久々に家族5人の夕食をいただきました。
今年も、見栄えが悪かろうが、なるべく自分で作るおせちです。

   正月まとめ_Fotor

今年は、昆布巻き:黒豆:栗きんとん:煮物:なめたカレイの煮付け:伊達巻
塩豚:紅白なます:酢蓮:茶碗蒸し:エビの鬼殻焼き:赤飯を作りました。

今年の成功は、黒豆。
いつもは、時間をかけて黒豆をコトコト煮ますが、今年は、圧力鍋を使いました。
始め、なんだか黒豆の色が落ちたようで失敗かと思いましたが、煮詰めている
時に、だんだん豆に抜けた黒みが戻ったようで、ふっくらした豆が煮上がりました。
これこそ、失敗は成功の元かと思えるような感じです。

そして、今年の失敗は、お赤飯。
慣れているので、失敗するわけないのですが...。
小豆を解凍する時に、お湯に袋ごと入れたのですが、その袋の中に
お湯が侵入してしまい、豆の色味が薄くなってしまったことです。
赤飯なんだけど、薄い色。とほほほな出来上がりとなりました。

なめたカレイの煮付けも、切り目の入れ方が悪く、皮がみっともなく
割れてしまいました。(苦笑)
✖︎印にすべきでした。
子供達は、このなめたの煮付けは、進んで食べないので、小さめの物を
求めて姿煮にしました。
これは、お正月に私の母親が必ず作っていたので、私も作ろうと思っている
一品なんですよ。

そして、右の上から2番目の食卓の写真には、こんな頭も写っていたんです。
ちゃんと、食事に参加しようとテーブルに手をかけて待っている猫。

     狙ってる

グレーの頭です。
皆さん、銀太だと思ったでしょうけども、この猫は「ささぎ」です。
お寿司の上のネタを食べたいようですよ。

この記事のみを表示する本当に頂いて良いのですか?

美味しいもの

こちら岩手。
午後から、雷鳴とともに激しい雨が降っていました。
ラジオに入る雷のノイズが、心をソワソワさせます。
少し明るくなってきたから、峠は越えたでしょうか?




先日、夫が葛巻町のお客様より松茸を頂いてきました。
1〜2本頂いたのだろうと思ったら、な・なんと!1パックも頂いてきたのです。
何でも、今年は、松茸が大豊作で、そのお宅ではもう何回も食べたそうなんです。
そう言う事もあるのですね〜。
我が家は、山に入りキノコも採れませんし、高い松茸をそう食べる事もありません。
口に入る松茸も、外国産だったりというのが、正直な話。
国産松茸をこれだけいただけるなんて、本当にありがたい。

   thumb_DSCF4063_1024.jpg

汚れをキッチンペーパーで落としたまでは、良かったのですが...。
さて、何を作って食べようか?
食べ慣れていないので、まずは美味しい食べ方をネット検索です。

色々検索してみて、やっぱり「松茸ご飯」と「土瓶蒸し」かと思いましたが、
我が家には、土瓶が無い。
じゃ次は何?と思ったら、焼いて食べるのが美味い!という人も多かったので
松茸ご飯に3本。その他は、焼いて食べることにしました。

子供達に好評だったのは、やっぱり松茸ご飯。美味しく作れました。
(写真を撮っていませんでした。)
焼き松茸は、娘と次男は、「???」と言う感想。(食べ慣れていませんからね。)
あの特有の松茸の香りが、あまり好きじゃ無いようです。(笑)
二人は、エリンギの方が、美味いらしい。(苦笑)

長男は、あの香りも食感も好きで、ばくばく食べる始末。
姉弟が、あまり進まなかったのでラッキーだと言って食べておりましたよ。
お父さんの仕事のお陰で、良いものを食べられました。
次食べられるのは、いつでしょう?(笑)

こちらは、弘前に帰る娘に持たせた、「栗おこわ」
松茸ご飯を撮り忘れていましたが、こちらは撮り忘れていませんでした。

   thumb_DSCF4065_1024.jpg

胡麻くらい、ちょっと散らして写真を撮れば良かったですね。
私らしい、大雑把な仕事でしたね。

この記事のみを表示する栗っ!くりっ!クリッ♪

美味しいもの

こちら岩手。
雨上がりの朝です。




食欲の秋です。

   thumb_DSCF4061_1024.jpg

果物もおいしくなり、山の恵みもいっぱい。
山に入らずに、栗をたくさん頂いて、茹で栗にしたり、こりご飯用のむき栗を
準備したりしています。

只今、娘が帰省中(10月より仕事復帰)なので、弘前に帰るときに栗ご飯でも
持たせようかと思っているのです。

裏の林の栗も、もう少しで落下するようなので、また栗が食べられそう。
次は、渋皮煮にしようかと思っています。

私は、栗を水から煮て食べていましたが、煮るときに塩を入れて煮ると言う
人もいて、今回その方法を試しました。
栗にうるさい夫は、塩味はなくて良いと言います。(苦笑)
栗の皮が、若干塩味がするのが許せないのかもしれないですね。
私もどちらかと言うと、ただ茹でた栗が美味しいと思う。
手を加えない茹で栗が好きです。

   thumb_DSCF4052_1024.jpg 

こちらはね。お彼岸にいつも作る(おはぎ)です。
着々と、行事をこなして、いつもの冬を迎えようとしています。
平々凡々な毎日ですが、これが一番大切で幸せなことだと思っています。






なんだか価値観の違う人の中に身を置いていると、疲れること疲れること。
その見栄は、なんの得になるのか?
ああ、切り捨てないな。無駄な付き合いを♪






この記事のみを表示する冷 菓

美味しいもの

こちら岩手。
台風に備えて、じっと息を潜めています。
岩手の人は、大きな台風の経験が少ないので、どこまでどう準備を
したら良いのか?私も解らない。

今の所、風も平常通りでいつもの日。
夕方から深夜にかけて、荒れるんだろうな。
たった今、避難準備情報も市内に出た様子です。




蒸し蒸しして暑い日。
台風の影響で、午前中の早い時間から30度超えて暑い。
冷蔵庫で冷えた、みつ豆無しのフルーツ寒天を頂こうかと思います。
甘いもので、ちょっと気分を落ち着かせましょう。

   thumb_DSCF4021_1024.jpg thumb_DSCF4022_1024.jpg

毎年、作っているのだけども、いつもみつ豆が無い。
あれも、入ってないとちょっと寂しいですよね。
今度、ネットで買って準備して置こうかなと思っています。
来年の夏こそ!みつ豆入りで白玉あんみつにして食べたいな。






この記事のみを表示する人参の白和え。

美味しいもの

こちら岩手。
朝起きて部屋のカーテンを開けたら、青空に岩手山がくっきり見えていました。
何て清々しい朝。




自分で育てた人参もすっかり食べつくしてしまい、近頃はお店で買った人参を
食べています。
人参も保存を上手くしないと冷蔵庫で乾燥してしまったり、腐ってしまったり、
葉っぱが出て成長してしまったりします。
何とか美味しく食べたいなと思って、冷凍保存にすることにしました。

佐藤初女さんが、野菜を蒸すと美味しさが増すと言ってた本を読んだので
私も、真似て人参を切って蒸してみました。
確かに、煮るよりも甘さが増しています。水っぽくもありません。
こちらの人参は、白和えや、ちょっとした煮物用です。

   thumb_DSCF3705_1024.jpg

こちらは、サイコロ状の人参を蒸しています。
これは、冷凍保存しているトウモロコシと合わせて、ミックスベジタブル風に
してサラダなどに使いたいと思っています。

   thumb_DSCF3708_1024.jpg

粗熱を取ってから、冷凍保存します。
ぷ〜んと甘い人参の香りがするのです。

   thumb_DSCF3710_1024.jpg

2月に佐藤初女さんが、お亡くなりになり、ずっと初女さんの本を何度も
読み返しています。

面倒くさいな〜というのが、口癖の私ですが、今日はなんだか丁寧に
初女さんのように「人参の白和え」を作りたいと思って、すり鉢を出して
丁寧に作ってみました。

確かに、丁寧に仕事をすることは、心が落ち着くようです。
1日に一回だけでも、ちょっと初女さんを真似て丁寧に暮らすというのも
良いなと思っています。
特に面倒くさがり屋の私ですからね。(笑)