この記事のみを表示する師と仰ぐ。

家庭菜園

こちら岩手。
今日もからりと晴れて良いお天気です。
少し気温が高くなると、外に出て駐車場の氷を割りたくなる。

先日、ちょこっと記事にした方の本。
83歳と86歳のご夫婦の日々の暮らしを綴ったものです。
「依りかからない生き方」にとても共感を覚え、こんな老い方をしたいと
「師と仰ぐ!」と勝手に決めた次第です。(苦笑)

無い物ねだりですが...。
私の親や夫の親が、こんな生き方をしていてくれたら等と勝手な事を
思ったりもしました。

まずは、ご紹介。(知ってるって?)

*****************************************************************
「あしたも、はるこびより。」
つばた英子・つばたしゅういち著(主婦と生活社)
「ときをためる暮らし」
つばた英子・つばたしゅういち著(有限会社 自然食通信社)
*****************************************************************

左の方は、写真が多いタイプ。
右は、ご夫婦のききがたりを文章にしたものです。
二冊買うと内容が重複してる部分もありますが、楽しく読み進みました。
どうですか?こんな老い方?

こう言う暮らしは、私の目標とする生き方の一つでもあるので、色んな事が
参考になりました。

ご夫婦の庭には、色んな実を付ける木が、たくさん植えてあります。
手入れも大変になるので、庭木は、あまり植えたくないのだけど...。
果樹の木は、せいを高くしないようにすれば、大変ありがたい恵みの木
となりえる。
実際、義父が植えた小梅の木は、毎年私の梅仕事に役立っているし、
キウイも、冬のビタミンC補給に役立っている。
(撮れ過ぎの感じは、あるけど...。)
そう言う意味で果樹を考えると、これからブルーベリーとか?
ハスカップとか?プルーンなんて言う果樹を庭に植えて収穫を楽しむと言う
のも悪くないような気がする。
お二人の本の中にもあったが、「フェイジョア」と言う果樹もいいよね。
何でもパイナップルとバナナのミックスした味だとか?
美味しいらしいよ。
ここは、北国。朝の最低気温が、氷点下15度位まで下がると育つ果樹も
限られるのですけどね。
でも、この果樹を育ててみたい!

ゴーヤだって岩手で育つのだから、何とか育って欲しいですね。
(さて?苗探しですね。)
岩手で育ててる方がいたら嬉しいですね。
情報をお持ちの方は、お知らせ下さいませ。


これなら、ただただ天高くなり、素人じゃ手入れしにくい木と違い、
楽しんで世話をできそうな気もするし...。
自分亡き後も、子供や孫にフルーツとなって実を提供出来るのですよね。

それに、多く収穫出来たら、ネットのお友達と物物交換って言うのも
楽しそうだ。(笑)


今日も、春が早く来ないかと、こんな事ばかり、考えております。



この記事のみを表示する暮らしの質を...アップ?

パン・ケーキ

こちら岩手。
今日は、気温も上がりそうです。
まあ、上がると言っても5度〜6度くらいだと思うけど。

今日は、自分の好きな言葉について考えてみた。
シンプル.質素.目立たない...。
こう言う言葉を羅列すると、何だかマイナス思考のしなびた人間かと
おもわれるかもしれないね。
決して、心がマイナス思考な訳じゃない。(苦笑)
暮らしの目標が、シンプル。
無駄な物を排除して、それでいて暮らしの質を高めた暮らしがしたいのだ。

お金をふんだんにかけた暮らしは、必要ない。
(まあ、かける金もないのだが...)
しかし、手間をかけた暮らしは、大切なのだ。

見栄を張って生きている暮らしよりも、目立たぬようにひっそり暮らしたい。
暮らしの質を高められたら、本当に幸せな一日になるのよね。




ハンバーガーも、作りました。
パンを二個は、食べ過ぎの感じもあるよね。
体重は、やっぱり減らず。





この記事のみを表示するチョコたっぷりロールパン

パン・ケーキ

こちら岩手。
寒い寒いと嘆いているけど、春も確かに近づいてる。
いつも真っ暗だった6時が、明るいのですもの。

昨日は、出不精の私が、珍しく外出。
朝の早い時間の道路は、凍結している部分もあるから恐る恐る。
それにしても、一日自分だけの楽しい時間を持つなんて、そりゃ嬉しい。

今日は、パンのお店をしている先生にチョコたっぷりロールパンを教えて
もらいに行って来た。

これでもかと言う程にチョコチップを入れる。
家じゃ勿体なくて、そんなにクルミもチョコも入れないのだけど...。

粉糖をかけて出来上がったパンは、チョコの香り/ココアの香りが、いっぱい。
何とも美味しいふわふわのパンが出来ました。

新 IFトレー トリーノ型を使って焼いたけど、190度使用回数50回位まで
使えそうな型なんだとか。
お値段も安く、これは何だか便利な型でした。

人から刺激を受けるって良いなと思います。
特に出不精で籠りがちな私にとっては、家族以外と話す事も必要ですね。



この記事のみを表示する猫に『ごは〜ん!」

猫・犬

こちら岩手。
もう2月も後半だと言うのに...。
北国は、寒波に見舞われて、日曜日は、吹雪でした。
それこそ、前が、見えない位の吹雪。
春が近づいたかと思うと遠のく。じらされてじらされているのです。

ガーリックトーストを作ってみた。

発酵バターとすりおろしニンニクを入れて焼いただけ。
でも、ニンニクの香りが、何だか食欲をそそる。

寒波が戻ったので、猫達は、ストーブ前を陣取り一歩も動かない。

体をこちょこちょしようが、「何も感じません。」と言うように、無視を決めて
いる。
人間が、ストーブ前を陣取るには、3匹の猫をぽ〜んと抱いて投げないと
絶対動かない。
あっ!もっと良い手がある。「ごは〜ん!」と言うと我先にむっくっと起きて
定位置にスタンバイします。
「ごは〜ん。」と何度人間にだまされても、これだけは、学習効果が出ずに
毎回引っかかるのでした。


こちらの目つきのすこぶる悪い猫も同じ。
「ごは〜ん。」にだけは、弱いのですよね。








この記事のみを表示する冬仕事...乾燥野菜&キウイ

家庭菜園

こちら岩手。
寒気が、居座って岩手もかなり冷え込んでいます。

娘の住む弘前は、大変な雪な様で...。
雪国育ちの娘も雪の量に「笑うしか無い〜」等と言っていた。

私の住むここは、奥羽山脈があるせいで、日本海側よりも雪の量は、少なめ。
寒いので雪は、残っているものの、平年並みだと思う。
(道路の雪は、消えて無い。)
それでも、2月半ばすぎてこの寒さがまだ続くと思うと、何だかがっかり。
そろそろ春を感じたい。(日が、長くなりましたけど)

家庭菜園も4月までお預け状態なので、家の中でゴソゴソしています。
庭で収穫したキウイは、大量すぎて、熟した今が食べ時。
せっせせっせと食べても間に合わず、考えた挙げ句に干しキウイ作りを
してみました。

いろいろ検索してみて、オーブンで焼いてみて干してみたり。
レンジでちんしてみたり。
そのまま干してみたり。
色んな挑戦をしていますが、そのまま乾燥した方が、色も綺麗だし、
甘みもそんなに抜けないようです。
(熱を加えると甘みが、薄くなります)


色の落ちてるものが、熱を加えた乾燥キウイ。緑色が、そのまま乾燥キウイ。
齧るとちょっとグミのような食感です。
これをグラニュー糖をまぶして保存しようかと考えております。

こちらが、切り干し大根作り。
土の中で保存している大根も、春が近づくにつれて皮の部分が、黒っぽくなって
くるので、土から掘り起こして切り干し大根を作っています。
もちろんお隣の大きな国の環境問題が心配なので、自宅干し。
(八幡平の沼からも有害物質が出たらしいので)
ストーブの上にザルをセットしておくと、みるみる乾きます。
大根も一本切っても、握りこぶし位の干し大根しか出来ないのですよ。
そう考えると市販の切り干し大根は、100円ちょっとで安いですよね。

そして2〜3日乾燥させると、こんな風にしっかり切り干し大根の出来上がり。
袋に詰めて保存します。
丸い乾燥した大根は、以前のブログに掲載した「へそ大根」
こちらも出来上がりました。

自分の作った物、大切に食べたいと思いますね。

この記事のみを表示するりんごとナッツのパウンドケーキ。

パン・ケーキ

こちら岩手。
朝の最低気温が、氷点下11度だったらしい。
こりゃ寒い。寒すぎ。

娘に母の宅急便を送った。
娘の好きなお赤飯を作り、娘の好きなリンゴとナッツのパウンドケーキを
焼き送ってみました。

春休みに入っているものの、病院でのアルバイトで忙しい様子。
甘い物でも食べて、頑張りなさいと言う気持ち。

お赤飯は、好きだよね〜。
手軽にチンして食べられるでしょう?
この量は、2合分はあるんですよ。

この他、インスタントラーメン/缶詰/パスタ/お菓子/靴下等。
いろいろ詰め込んで送りました。
今晩には、届くかな〜?

しっかり食べて、しっかり働き、良く学べ。



この記事のみを表示する母の宅急便

趣味の作品

こちら岩手。
朝起きて、自分の顔が、ブラックジャックのような傷?しわ?が
くっきり頬に残っていてびっくり!
年とともに、そのしわは、なかなか消えない。(苦笑)

噛み付いてもみもみ。
逃がさないぞ!と言う意気込みばっちり。
黒猫のティッシュケースは、こう言う使い方です。

こんな風に好かれたら、引きそう。
クロさん、ほどほどにね。

**************************************************************
靴下を編みました。(13足目)

娘からお土産にもらった毛糸は、半分は、腹巻き帽子に使いました。
その残りを靴下として編んだのですが、毛糸が足りない。
白い毛糸を補充しながら編み進めたが、どうしても毛糸の色合い上、
履き口の色がなくなりピンクとグレーと言う左右違う靴下になる。
まあ、残り物の毛糸なので仕方ないね。
母の遺した大量の毛糸にも、グレーの毛糸は無かったのですよね。
これは、娘への救援物資の中に入れます。
弘前の冬も寒かろうに、自宅履き用に履いてくれたらあったかいよ。

娘は、卒業後もまた大学に残り更に苦学生をすることになりました。
食べているのか?心配なので、いろいろ食べ物を見繕って送りたいと
思っています。
さて何をつめようかしら?
母からの宅急便もあったかいぞ〜。







この記事のみを表示する凍ったジャガイモの利用法。芋床だ。

美味しいもの

こちら岩手。
朝のラジオで「道路がつるつるで危険です。」と言っていたので、
自宅前の道路に融雪剤を撒きました。
危ない危ない。気をつけて...。

以前の記事で、凍ったジャガイモは、凍ったまま煮たり蒸かしたりすれば
利用可能だと言う話を掲載した。
凍ったジャガイモは、暖かくなれば解けてきて解ければ腐りも早くなり
利用不可能になるので、もし食べきれないほどのジャガイモを凍らせた
人は、福島の「芋床」を作って利用したらどうでしょうか?
何でも福島の人は、この時期に「芋床」を大量に寒仕込みして年中使う
らしいのです。

芋を煮て熱いうちに、つぶします。(水分は、しっかり切る。)

そこに砂糖と塩を混ぜます。作り方は、いたって簡単。

材料
ジャガイモ...2キロ
塩...1キロ
砂糖...1キロ (ザラメだと更にこくが出るらしい?)
配分は、何でもジャガイモ2:塩1:砂糖1基本らしい。

混ぜて、3日位寝かせて出来上がりと言う人と、4〜5ヶ月発酵させてから
利用した方が、良いと言う人といろいろ。
発酵させると、何でもジャガイモ臭さが、抜けるらしい。
塩もたっぷり入ってるので、常温保存も可能で、福島では樽に作って
これを保存しているお宅もあるのだとか。

私は、今回ちょっと作ったので、まず3日したら出来上がりと言う人の
「芋床」利用をしたいと思います。

糠床のように、これに直接野菜を漬けるのではなくて、切った野菜に
適量を混ぜて揉んで漬けると言う「芋床」なのだそうです。
私も初めての挑戦ですが、凍った芋を無駄にしないように寒仕込みの
「芋床」を作って利用したいと思います。

なんせ菜園で大切に作ったジャガイモです。
1個足りとも捨てたくないですからね〜。




この記事のみを表示するお茶請けにカステラをど〜ぞ♪

パン・ケーキ

こちら岩手。
年々体が、固くなっているような気がします。
朝のラジオ体操とお風呂上がりのストレッチが、とても大切。
体をこまめにくるくる働く、理想の姿ですが、この冬もしっかり
冬の体型になりつつあります。(悲)
早く春を迎え、草取りダイエットしなくっちゃ!

ご近所さんから生みたての卵を頂いたので、パウンドケーキとタイ焼きを
お礼に持って行ったら...。
次の日に更に30個の卵が届いた。
昨年生まれた鶏が、卵を産み始めたらしく、ちょっと小降りの卵だけど、
30個も頂くと、やっぱりケーキとか?お菓子作りで消費する事になります。
そこで...。
今回は、カステラ作り。
卵をもったりする位泡立てて、粉を混ぜて焼いてみました。

焼き上がりが、こんな感じ。


ザラメが、無かったので、底にザラメを敷かずに作ったカステラですが、
ちゃんとカステラになっておりました。

実は、このカステラを2台焼いて、一台は、ご近所さんへお礼。
もう一台は、半分を冷凍して置きました。
別のお菓子作りに使っても良いし、後でそのまま食べてもいいですよね。
これからも益々、体重増加してしまいそうな私。

とにかく、くるくる動かなくっちゃね。






この記事のみを表示する明日の朝食は、ベーコンロール♪

パン・ケーキ

こちら岩手。
この頃、超多忙な夫なので、3連ちゃんの雪かきです。
雪は、8センチ程度なので寄せなくても融けそうなのですが、
何だか寄せたくなる私なのです。

その甲斐あって、おやつが安心して食べられる?(苦笑)
堂々と、働いた!と言って食べられる?(苦笑)

タイ焼きの餡子が、残っていたのであんぱんとベーコンロールを焼きました。
今回のあんぱんは、へそなしあんぱん。
2次発酵前におへをのつけるのだけど、忘れちゃってね。
2次発酵後だと、生地が、傷むので止めました。

そしてベーコンとタマネギとピーマン入りのベーコンロール。
こちらは、朝食用のパンになります。
我が家は、ベーコンは、塊タイプのものを常備しているので、
それをカットして使います。
性格が、大雑把なので、大きめのカットですね。

作り置きの餡子が、これで消費したので、また大鍋でコトコト時間のある時に
作って冷凍しないといけません。
芋床にも挑戦しなくっちゃいけません。
乾燥キウイにも挑戦しなくっちゃいけません。
土日は、そう言う仕事をこなしながら、家で過ごします。
日頃から出不精な私にぴったりの仕事です。
なんでこんなに家が、好きなんだかね〜?


材料
  強力粉300g
  塩4g
  砂糖30g
  イースト6g(ぬるま湯30g)
  ショートニング25g
  水145g
  
  200度余熱後、13分焼く。