この記事のみを表示する強制労働ですか?

家庭菜園

こちら岩手。
今が一番好きな季節です。

日曜日もお天気だったので、ガーディニングに精を出した夫婦です。
土曜日の日は、私が芝生をはぎ取り、そこにインターロッキングを
運び山盛りにして準備。
ここまでやられると、夫も日曜日にやらない訳にはいきません。
そう、強制労働!(苦笑)

物置の端までインターロッキング敷きをしました。

随分広がりました。

少し努力すれば、それなりの効果が出るので、とてもウレシイですね。
夫を巻き込むには、下準備をして逃げられないようにするのが、
コツでしょうか?(笑)

veronicaさんと○野さんのご好意で、ノブフェン窯が届きました。
ありがとうございます。
日曜日に晴れたら、是非っ!これでパンを焼きたかった〜。

そして初!焼いたシンプルパンがこちら!
クープ下手の私には、立派な作品。
前は、底が丸焦げになりましたが、今回は、送って頂いた瓦のお陰で
ちょうど良い仕上がり。
ロケストの周りをクンクンする事数十回。(焼き上がりを鼻で確認する為)
蓋を開けて確認する事5回。(だって、心配だったんですもの)
また、楽しみが増えたので、パンを焼くぞ〜。

こんな陽気で遊びに行ってる人もあるから、家で仕事をしながらでも
楽しみを見つけないと、損した気分です。
ゴボウもスライスして干しました。
こちらは、夫に飲ませるゴボウ茶作りのつもり。

更に、畑に出かけて、最後の枝豆を収穫して茹でました。
今年も、たっぷり枝豆を食べました。

充実した日曜日でした。(妻)
稼がされた〜。(夫)





この記事のみを表示するお菓子・お菓子♪

パン・ケーキ

こちら岩手。
週末、良いお天気になりそうです。
周りの田んぼでは、稲刈りが一斉に始まりました。
ああ、そろそろ冬もくるのですね。

「うかたま」と言う本にたいまぐらにお住まいのちほさんの
きなこのシフォンケーキが、掲載されておりました。
いつも暮らしぶりが、とても豊かで感心しておりましたので、
私もレシピを参考にきな粉を使ったシフォンを焼いてみました。

豆乳ときな粉の入ったシフォンは、軽い感じ。


さっぱり頂けるので、つい食べ過ぎてしまいそうです。
切り口を写した写真は、どれもピンぼけで...これもいまいちですけども。
大きなシフォンは、私と夫の10時と3時のおやつになります。

「うかたま」には、色んなレシピが掲載されていました。
きな粉を使って、しばらくお菓子作りしちゃおうと思っております。


そして、キッチンに立ったついでにパンも焼きました。
朝食用の食パンとあんぱん二種(小豆とかぼちゃ)です。
いつもの形じゃないあんぱんなので、あんぱんじゃないようです。

この小豆あんは、おはぎの残りを使いましたし、カボチャのあんは、
自宅の菜園で採れたかぼちゃを使いました。
夫が、崖を草刈りしていて草刈り機械でカットをされた可哀想なカボチャを
使ってあんにしました。
シナモンの香るかぼちゃのあんぱんです。

まだ可哀想なカボチャは、数個あります。
これを冷凍したりお菓子にしたり...せっかくこぼれ種から出来たカボチャ。
大切にしたいですね〜。






この記事のみを表示するお休みは、チキンの燻製作り。

石窯作り

こちら岩手。
朝の天気予報は、曇りだったが...。
お昼の天気予報は、曇りから雨に...。

今日は、ついに皮膚科に行ってきました。(泣)
手の湿疹が、一向に治らず、この頃は、乾燥も加わりひび割れも。
そして足(すね)の湿疹が、じくじくしだし治らず。
足の湿疹をみると先生が、しかめっ面をする位。
「あのね。二十歳を二回やってるんだから、もう昔のように
すぐに治らないし、痕も残るよ。」と言われました。
薬もちまちま塗らず、しっかり塗りなさい!と叱られました。
毎年、同じ事を言われ繰り返してる私です。
当分、スカートは、無理っ!

こちらが、庭作りと同時進行でやっていた燻製。
まずは、薫製器の熱消毒。
またまた火遊びです。

十分熱くなったら、肉をセットします。
今回は、チキンとウインナーの燻製作り。
(鳥ムネ・手羽元・ウインナー)

途中、様子を見るといい具合の色が出ています。
モクモク煙も、何だか楽しく苦にならない。

ほっほ〜♪
出来上がりです。
夕食に頂いたり、保存に回したり、しばらく使いこなせそうです。

猫達は、燻製の香りが好きな猫と嫌いな猫がいるようです。
クロは、燻製好き。
銀太とささぎは、嫌いなようです。




この記事のみを表示するお休みも働きましょう♪

家庭菜園

こちら岩手。
朝に窓を開けると冷たい風が入り込みました。
もうやっぱり秋なんだね。
朝の気温も今朝は、12度で半袖姿では、肌寒かった。

3連休でした。(我が家の休みは、2日だけ。)
我が家は、ガーディニングをして過ごしました。

芝生を敷いていた庭ですが、どうしても手入れが大変。
小さな雑草を引っこ抜いてから草刈り機で短くカットしていましたが、
これから歳を取って行くのですから、手入れは楽じゃないといけません。
動ける今が、チャンス!と言う事で、芝生を剥がしてインターロッキング
敷にします。
もちろん工事は、自分達で!

がっちり固まった芝生の撤去が、結構大変な仕事でした。
土を整地してインターロッキングを運んで敷き込みます。


上に川砂を置いて箒で掃き、目地を埋めます。
水をまき、砂を置いて掃くを繰り返して、一応完成です。

まだインターロッキングがあるので、工事は、まだ続きます。

庭作りをしながら、ロケストで枝豆を茹で...。

また、大鍋でひとつ。(自家製枝豆)

燻製も作りました。
燻製のお話は、また次回のブログで...。

この記事のみを表示するお彼岸のおはぎ。

パン・ケーキ

こちら岩手。

お彼岸なのでお墓参りに行ってきました。
そして実家の工事が始まる前に、庭木にお清めの塩とお酒をかけて
今までの感謝の気持ちを伝え帰宅しました。
遅れていた取り壊しの工事もやっと10月に開始されます。
その取り壊し前に、倒木される木々にありがとうを伝えました。
そして家と小屋にも...。
こみ上げる感情。
やっぱり私たちは、ここで育ちましたからね。
「アリガトウ。アンゼンノタメニトリコワシマス。ゴメンナサイ。」
これで、私の跡取りとしての仕事も終わり。

朝から「おはぎ」を作りました。


枝豆のずんだと餡子は、前に冷凍保存した物を使ったので、
忙しい朝でも簡単に作る事が出来ました。
20個作りましたので半分は、いつもお野菜を頂くご近所さんへ。
おはぎのお餅にすこ〜し塩を入れたら更に良かったかも?等と
思いながら食べています。
作るとね〜。全部処理しないといけませんからね。

2個も食べちゃ、食べ過ぎですよね。
食欲の秋、さて何キロ増えて定着するやら...とほほ。

この記事のみを表示するパン日和。

パン・ケーキ

こちら岩手。
あれ以後、秋晴れの良いお天気が続いています。(台風以後)
風もなく穏やかな一日。

息子達の部屋に入り込み、洗濯物をかき集め洗濯したり、
布団を干したり、シーツを洗ったりしています。
この布団干しは、息子達が出かけている間が、チャンスなのです。
休みの日は、昼まで寝ていますからね。
末っ子は、高校に行きますが、大学4年の長男は、お昼まで寝て
夕方に出かける事も多いので、このチャンスは、逃せない。
二人の息子の部屋は、ゴミだらけ。埃だらけ。
よくも「俺、アレルギー!」等と堂々と言うもんじゃと思っております。
アレルギーならもう少し綺麗にするんじゃないかい?

自分で掃除しろと言う母親と何とか母親に掃除して欲しい息子達との
根比べをしています。
さて...どうなるやら。

*****************************************************************
朝食用のパンが無くなったので、食パンを焼きました。
部屋にそのまま出して置いても、スムーズに発酵が進むのでラクチン。
この季節、ぱん日和でもあります。

明日の朝は、これで夫の朝食を作ります。

こちらは、おやつのクルミ入りシナモンシュガーぱん。


やっぱり私、シナモンの香りが大好きなようです。(笑)
出かけてスタバでお茶をする時も、シナモンパンを頼んでしまいます。
あれも美味しいですから、皆さんもお試しを〜♪


この記事のみを表示する台風一過のお客様♪

家庭菜園

こちら岩手。
台風は、すごかったですね。
我が家の辺りは、被害が出ませんでしたが、数時間激しい雨と風が
吹き荒れました。

前もって物置に仕舞い込んだので、物も飛ばず...。やっぱり備える
事も大切ですね。

台風が過ぎた朝に、こんなお客様が♪

オニヤンマが、レモンの鉢に止まっていました。
我が家の庭は、オニヤンマの通り道なのか?よく見かけるのです。

台風が来る前に畑に出向き、畑の周りを草刈りして来ました。
すっきり綺麗になって、畑も良い気分です。

畑は、赤シソと白菜と大根と枝豆と里芋と食用菊が育っています。
こちらは、白菜。

こちらは、大根。

そしてこちらが、私の枝豆。

若干早いかな?と思われましたが、早い位の方が、美味しい。
夫婦団らんのひと時、美味しく食べました。

雑草も生えてきています。
そろそろ、畑の草取りもしないといけませんね。


この記事のみを表示する燻製日和。

石窯作り

こちら岩手。
我が家の庭にオニヤンマが、良く飛んで来るようになりました。
10センチ程のオニヤンマは、やっぱりトンボの王様のようで、
貫禄に満ちているようです。
思わず、今を楽しんで♪とエールを送ります。

晴れの日を待って、冷蔵庫で熟成させていた豚肉を薫製にしました。
まずは、今年初めて使うので火を起こして薫製器の熱消毒。

それから火種にチップを混ぜて、豚肉・鶏肉・ゆで卵・チーズを薫製
にしました。
ゆで卵のカラ剥きに失敗して、変なたまごも一緒に薫製します。

薫製している時間は勿体ないので、庭の芝生の雑草を取ります。
時間も有効に使えた気分。

蓋を開けるたびにモクモク出る煙に、自分もしっかり薫製されたようで、
家の中を歩く度、薫製の匂いが漂います。(苦笑)

こんな感じに出来上がりました。
薫製は、子供達の好物でもあります。
宮城のボランティアから帰宅した娘に持たせました。

次は、海産物の薫製をしてみたいですね。
イカもホタテもおいしくなりそうですよね。ムフフ...。










この記事のみを表示するでっけ〜花オクラ♪

家庭菜園

こちら岩手。
久々の秋晴れでした。
虫の鳴き声も、夏と秋が入り乱れているように賑やかです。

庭の芝生に雑草が目立ってきたので、本日は、その草取りと
畑のキュウリ棚の撤去をしました。
この夏野菜の撤去をすると、夏も完全に終わりですね。
あっという間でした。

私のキッチンガーデンに、大きな大きな花オクラの花が咲きました。

ブログのお友達のかおるさんに種を頂いて、今年初挑戦の花オクラ。
どんな風に育つのか?
どんな味なのか?
ドキドキのお野菜?でした。
種は、蒔いたものの、さっぱり芽が出ず成長せず...。
失敗したかと不安になっていましたが、かなり暖かくならないと発芽しない
ようで、やっと成長してくれました。
そして、こんな大きな花を着けてくれて、感激しています。

大きな花は、一晩でしぼむ様なので、咲いてる時に収穫して食べました。
さっと湯がいて、ポン酢で食べてみたのです。
癖も無いさっぱりした感じ。
生でも食べられるようなので、今度は、サラダに入れてみようかな?
この花を食べずにいたら、オクラになるのかしら?
それは、食べられるのかしら?
まだまだ初めての花オクラは、不思議な事ばかりです。
実を着けさせて、それも食べてみようかしら?(笑)

畑には、コンポストの堆肥から出たかぼちゃとスイカが、ご褒美に実を
着けているとお話しました。
まずは、2個のかぼちゃを収穫。

そして、スイカも収穫。

保育園児程の頭位まで成長しましたが、ご覧の通りひび割れてしまいました。
あまりに悔しいので、半分に割って真ん中をスプーンでほじくって頂きました。(苦笑)

この記事のみを表示する節約・節約ガーディニング♪

家庭菜園

こちら岩手。
田んぼの稲は、首をたれトンボの数も多くなって来ています。
今日は、不安定な気候からやっと解放された感じ。
穏やかな良いお天気です。

庭のエキナセアです。

薄いグリーンとピンクのエキナセア。丈夫で開花時期も長くて良い花です。
ハーブでもあるらしいのですが、もっぱら観賞利用です。
色んな色のエキナセアがあるようですので、増やそうかと思っています。

そしてこちらは、ケイトです。
これは、種をまき散らすようで、年々勢いを増して、増えています。
これからの季節、丈夫で繁殖力の強い花は、重宝します。

花苗を買って、いろいろ植えれば、それも綺麗なのですが...。
出来るなら宿根草やどんどん増える花を植えて、節約しながら庭作りを
したいと考えています。
ですから、種取りも重要な仕事。

以前、ブログに書いた頭の大きなヒマワリですが、花も終え種をたくさん
つけてくれました。アリガタヤ...。

こんなに採れたので、来年は、家の周りは、頭でっかちの足の短いヒマワリ
だらけになりそうですね。

一番大きな種は、なんと!直径30センチ程ありますよ。

日々、節約して庭を造ろうと思ってますし...。
日々、雑草を目立たなくして楽する方法を考えています。(笑)