この記事のみを表示するおんな心とメロンパン。

パン・ケーキ

こちら岩手。
霧雨から雨に変わりました。

雨なので家の中でウロウロすることになります。

ご近所さんへのお礼を兼ねて、メロンパンを焼きました。

DSCF2574.jpg

真夏の暑い時は、発酵の時間をちょっと油断するものなら
大変な事になりますが、気温が低くなると大体時間通りで
発酵で失敗する事も少なくなります。

本当は、テッチさんのブログで見た富良野のメロンパンの形に
したかったのですが、作ってるうちに面倒になりまして...。
結局、普通のメロンパンです。

甘めの生地は、ちょっと緩めになるので、いつもより苦戦して
何とか完成しました。
茄子と枝豆のお礼に届けます。


それで...。
そろそろ健康診断に行かなければなりませんが...。
あと一キロ体重を落としてから行きたいのですが、こうやって
作って食べてを繰り返しているので、さっぱり減らず。(苦笑)
気温も低くなると、草取りダイエットも期待薄になるし...。
ああ、痩せたいといつつも食べてます。(苦笑)
人に差し上げるには、味見も大切ですからね。

こうなりゃ、とっても薄着で検診に行こうかとまで思う私。
パンツは、何g?ブラは、何g?と涙ぐましい女心。
思わず何も着けづに行こうかとまで思う始末。(爆)
さ〜て、いつ検診に行きましょう?







この記事のみを表示する柴漬けが、出来ました♪

家庭菜園

こちら岩手。
気温が、ぐっと下がって最高気温が23度とか...。
あまり急なので、体がびっくりしています。


そうそう、そう言えば。
ご近所さんからたくさんの茄子を頂いていたので
柴漬けを作った話を書きました。
その柴漬けが、出来上がり、昨日よりちょっと食べています。

DSCF2551.jpg

畑で紫蘇ジュース用に作っていた赤紫蘇を収穫して来て、
塩で揉み灰汁抜きしてから使いました。
テレビで見たお店では、そのまま使っていましたが、
なんせ漬け物下手の私ですから、先に灰汁抜きしたものを
使いました。その方が、安心かと思ってね。
茄子は、薄切り(それでも8㍉〜1㌢程)

DSCF2553.jpg

これは、茄子と赤ジソだけを使うタイプの柴漬けです。
塩・茄子・赤ジソを繰り返して漬けています。
重さは、茄子と同じ重さ。


DSCF2569.jpg

それで、昨日出した柴漬けが、こんな感じです。
発酵してきて、酸味も感じる柴漬け。
これも冬の保存野菜として活用しましょう。

キュウリを入れませんでしたが、漬けた柴漬けにキュウリを入れて
別バージョンで漬けて食べても良さそうですね。
なんせ、キュウリが野菜室で買い物袋一つうなってますからね。


この記事のみを表示する2014 とまと仕事

家庭菜園

こちら岩手。
やっと晴れたと思ったのに、二日目の夜は、にわか雨が降っているようです。
明日からは気温も低めで、岩手は秋にまっしぐらでしょうか?

畑もね...。
日照不足気味で長雨だったから、トマトも水分過多で実が腐るように
なっています。山鳩の被害をお知らせしたばかりでしたが、そろそろ
トマト仕舞いしなければいけないかもしれません。
もうちょっと頑張って欲しいのですけれども。

日曜日は、久々のお天気でしたから、夫婦で畑に出向き、秋野菜の種蒔
きをしました。(大根・白菜・赤かぶ・小松菜等)
まず、種を蒔きさえすれば、少しばかり収穫出来るのですから、この
ちょっとの労働を惜しんでは、ダメなのですよね。
野菜作りも後半戦。楽しみでなりません。


2014年のとまとソース作りです。

DSCF2538.jpg

真っ赤に熟したトマトは、十字に切れ目を入れて皮を湯剥きします。
そしてクイジナードに入れてが〜っとするだけ。

DSCF2540.jpg

浮き上がる灰汁を取り、たまねぎとニンニクと月桂樹の葉っぱを入れて
コトコト煮ただけ。何と簡単!私好みです。
これで保存用のソースの瓶詰めが出来上がりです。

DSCF2562.jpg

量的に多く作れませんでしたが、冬の保存用です。
野菜の少ない時期に活用しましょう。

遊びでシールも作ってみましたが...。
大雑把な私は、目分量で大体こんな感じと言う具合に大きさを
決めるから、少し瓶とのバランスが変ですね。(苦笑)

DSCF2565.jpg

そして、こちらは、トマトをカップにしてグラタンです。
これは、今晩のメニューの一つ。
こってりなグラタンが、トマトのお陰であっさり食べられて
これは、良いアイディアだと思いました。
中年以降の方にピッタリかもしれませんよ。






この記事のみを表示する許します。

家庭菜園

こちら岩手。
雨で...さっぱり外仕事が進みません。

雨の合間を見て畑に肥料をまいたりしていますが、ずっと
雨続きで土が濡れた状態でパンチ君で耕す事が出来ません。
これから段々と気温も下がって行くので、ちょっとの作業の
遅れは、冬野菜の出来を左右するので、やきもきしながら外
の雨を眺めています。

それでも、やらなきゃ無い事も多くて...。
余ってるキュウリにたっぷり塩を入れて、保存用のキュウリ漬け
を作りましたし、茄子を大量に頂けたので柴漬けも仕込みました。
何度も言ってますが...私は、漬け物を漬けるのが大変下手!
一応作業を終えましたが、どんな出来か?心配です。
結局、漬けた物を捨てると言う事にならないと良いのですがね。(苦笑)

お盆後半からの長雨は、畑の野菜にもダメージを与えています。
キュウリは、まだ収穫出来そうですが、長雨で葉っぱが腐りだしてますし
トマトも、葉っぱが黄色くなり始めました。
もう少し日照が、欲しいところですね。

しばらく鳥に見つからずに収穫出来ていたトマトですが...。
ここにきて、鳩にトマトを見つけられたようなんです。

DSCF2547.jpg

まだもう少し赤くしようと思っていると、こんな風に味見されて
しまいます。発見するとガッカリします。

そして、そんな中変わったキュウリも発見しました。
何とも自分の蔓でまるで首が絞まったようなキュウリなのです。
あの蔓ってこんなに強いのでしょうか?
自分の体だもの、もう少し優しく蔓を巻けば良いものを...。(苦笑)

また、実家から持ち帰って植えたミョウガが、収穫出来ました。
実家の敷地には、それは大量のミョウガが出来るのですが、
それを我が家で収穫出来るようになったのは、やっぱり嬉しいです。
来年は、更に増えるだろうから...いろいろ苦手な漬け物にも使えますね。

DSCF2546.jpg

このトマトを見てください!!!
鳩に食べられていたので、他のトマトに被害がないように一個だけ
そのままにして置きました。
次の日、へただけが残ったトマトを発見し、思わず「許そう!」
とつぶやきましたよ。
美味しかったのでしょうね。(苦笑)


この記事のみを表示するすいか枕?

家庭菜園

こちら岩手。
雨が、降ったかと思うと晴れ間が出たり、曇ったり...。
そして、大変むしむしして暑い日です。

こんな天気なので、急遽婦人科検診に行って来ました。
マンモグラフィは、挟む物の少ない私にとって地獄です。(苦笑)




今年、スイカも植えました。

DSCF2543.jpg

畑には、色んな野菜が植えてあるし、裏のキッチガーデンスペースも
色んな野菜がひしめき合っているので、スイカを植える場所がとれま
せんでした。

どうしたものかと思案しておりましたが、我が家のコンポストスペース
脇には、建築現場から運んだ残土が山盛りになってました。
土さえあればきっと育つ!と言う大雑把な考え方で、スイカの苗を
一番高い部分に植えて置いたのです。それが、5月。
そうしたらすくすく育ち、土山のてっぺんからつるを下に下に伸ばして
3個のスイカが出来たのですよ。

我が家は、お米は作っていないので、藁がありません。
スイカの下に藁の代わりに敷いたのは、レンガブロック!
時々、ゴロンと転がっていれば、大事に抱っこしブロック
の上に戻しておりました。

肥料もさっぱりやらずよ〜くここまで大きくなってくれましたよね。
奇跡です。
(残土が、肥えていたのでしょうか?)

DSCF2545.jpg

大きさも、スーパーで売られるLサイズ級。
3個のスイカを収穫して、仏壇の側に並べて置きましたが...。
私の師匠(ご近所のSさん)から頂いた爆弾スイカも入れれば
4個のスイカが、ゴロンゴロン転がっています。
我が家の夫は、テレビを見る時にここに頭を載せております。

さて〜あとは、いつ食べるかです。
しばらく枕代わりに使ってもらい、追熟させてから食べようかな?
赤くなってますように〜♪

この記事のみを表示する夕顔のその後...。

美味しいもの

こちら岩手。
お盆が終わってすぐの日曜日は、いつもなら秋野菜の
種蒔きをするのですが...。
本日は、あいにく雨模様なので中止になりました。
畑に耕耘機を入れるにしても、少し土が乾かないと
やりにくいので農作業が更に遅れそうです。

何だか恨めしいここ数日の雨です。


さて...先日頂いた夕顔を料理しましたよ。

DSCF2518.jpg

あまりの大きさだったので、1/2は義妹宅へ。
残りの1/2の調理です。
それも1/3は、フリーザーバッグに切って入れて冷凍庫へ。
冷凍した夕顔は、凍ったまま炒めて良いので便利です。


DSCF2519.jpg

残りを油炒めにしました。
ごま油を入れて熱々になった所に豚肉と唐辛子を炒めて夕顔を入れます。
私は、透明になるまでしっかり炒めます。
醤油・みりんを入れて適当に味付けして食べるの。
お肉は、豚だろうが鳥だろうが何でもOK。

本当は、肉を入れずに夕顔だけで炒めて冷たく冷蔵庫で冷やして
食べるのが好きなのですが...。
我が家の子達は、「肉は、どう〜した!」と言うもので入れてます。
肉を入れると、冷やした時に脂分が固まるので嫌なのですけども。


DSCF2533.jpg

もう一つは、同じ炒め物ですが...。
塩味で味付けをして、卵とじ風にしてみました。
これは肉を入れてないので、冷やして食べても大丈夫です。

私は、夕顔料理は、あまり煮る事をしません。
いっつも油炒めですよ。


この記事のみを表示する我が家のお盆。

猫・犬

こちら岩手。
雨が降っています。
気温も21.5度位と低め.半袖だと寒い感じです。

我が家もお盆迎え、自宅にご先祖様を迎えています。
仏壇の食事は、いつもは白いご飯ですが、この時期は
おままごとセットのようなお膳にお赤飯やら精進料理を
準備します。これが、結構面倒〜。(笑)
同じメニューになったりしています。

赤飯・天ぷら・キュウリの酢の物・サラダ・煮物等や
畑の野菜などをあの手この手で盛りつけてます。
これも今晩で終わり。
明日は、あちらの世界にご先祖様を送って来ます。(笑)

何件か親戚回りもし、面倒だと思う事でも後世に伝えるべき
事もあるので、面倒な事をしっかりしようと思ったところです。

そんな事を考えるだけ...充分、私達夫婦も大人になったようですね。(苦笑)


田舎に行くと、仏壇の周りに何人もご先祖様の写真が飾られていますが、
どうも私は、あれが嫌いで...我が家では、お盆だけご先祖様の大きな写真を
部屋に出して飾ります。
しかし...その写真の前で箱菓子の上に猫がっ!

DSCF2536.jpg


お菓子チェックだったのか?
写真に挨拶だったのか?
ちょっとハイテンションのクロでした。(苦笑)

さあ、明日は、送り盆。
午前中にお墓に行き、ご先祖様を送って来ます。

=================================
我が家の辺りでは...。
13日にお墓にご先祖様をお迎えに行きます。
14日15日もお線香をあげに行きます。
そして、16日にご先祖様を送りにまたお墓に行くのです。
結局、お盆期間は、毎日お線香をあげにお墓に行くのですよ。

=================================

住む場所も違うと色んなしきたりがあると思いますが、
皆様の地方は、どんな感じだったのでしょうね?

お盆も終わるので...次は、秋野菜の種蒔きです。
後半も頑張らなくっちゃ♪








この記事のみを表示するもっとひび割れてポンデゲージョ♪

パン・ケーキ

こちら岩手。
台風は、日本海側を北上したようだが...。
それて行った割に、雨も風も強かったようだ。
庭を見たら、裏の林の木の葉っぱが、結構落ちておりました。
DSCF2525.jpg

そして外に出ると椅子も転倒してます。
予報では、それて北上すると思っていたので、いつもより
台風への対処が手薄だったのです。
(いつもは、これにブロック等を載せてます。)
それると思ってもどんな風が吹くか解らないのですから、
ちゃんと準備しないと今後いけませんね。

DSCF2526.jpg

太郎は、小雨なので散歩を所望しておりますが...。
風もあるし、急に雨も降るので散歩はお休み。
不満そうでした。


心配して、少し離れた場所の畑を見ると、意外にトウモロコシが
倒れずに全部立ってる様子。
場所で場所で、風の勢いが違ったのだろうか?

晴れたら外で事務所の窓掃除。
雨だったら、浴室と洗面所の掃除をする予定です。

でも、その前にポンデゲージョ作り。

DSCF2524.jpg

全体にひび割れが、あまり入らなかったので不満足ですが...。
食べては、味同じですな...。


この記事のみを表示する巨大な岩手の夕顔。

家庭菜園

こちら岩手。
雨が、降ったり止んだり曇ったり...。
大変湿度の多い日です。

芋掘りもしたいし...ガラスも掃除したいし...。
しかし、雨が降ったりのお天気だと外仕事が予定通りいかず。
仕方なしに、朝食用の食パンを焼いています。
気乗りせずに作るパンは、成型が甘くていびつなパンが出来
上がりました。
ですから...画像は、ちっちゃくしました。(苦笑)

DSCF2511.jpg

しっかり、生地を巻き込まなかった為に、発酵と同時にめくれた感じ。
私のパン作りは、大雑把なのでこんな事は、しょっちゅうです。

みなさん、こんなの食べた事ありますか?
DSCF2508.jpg

岩手の人なら誰でも解ると思いますが...。
これが、俗に言う岩手の「夕顔」です。
色々ブログを見ていると、他所の県の夕顔は、もっと小さかったり
コロリとした可愛い形だったりしています。
でも〜、岩手の「夕顔」は、これっ!この大きさ!

スーパーでは、この大きさで売る事はあまり無くて、
10〜15センチ程にカットし、唐辛子とセットで売られています。
これは、油炒めにして食べると、つるんつるんになって美味しいの。

さて〜、この大きさの夕顔をどうやって食べようか?
分けたり、冷凍したり、炒めたり...。

これも、夏の食べ物ですね。
さて、食べるぞ〜!




この記事のみを表示する忙しくなると本を読む。

いろいろ

こちら岩手。
蒸し暑いですね。どんだけ湿度が有るやら...。

さ〜て、お盆の準備ですね。
お尻に火がついた感じで忙しいのですが...。
そんな忙しい時期に、心がいつも風邪を引くのですよね。(苦笑)

そうなると、自己啓発本を良く読む事になります。(笑)

DSCF2507.jpg

こちらは、啓発本じゃありませんよ。
country kitchen:宇土 巻子著 の本です。
北海道でアリスファームをやっている方で、北国の野菜作り
野菜の保存方法等が、記載されてあり、岩手で暮らす私にピッタリ。
私が、こう暮らしたいと思う様なくらしを実践して来ているようです。
北海道は、大好きな場所です。
いずれ、息子がすっかり自立し、「親なんか居ない方が、楽チン♪」と
思うようになったら、夫と二人ゆっくり北海道の旅にでも出たいと思います。
(まあ、もう既に親が、邪魔だと思っている節がある息子ですけど)笑

自分なりに、暮らしを楽しみましょう♪っと。