この記事のみを表示するゴーヤのカーテンも...。

家庭菜園

こちら岩手。
どんよりしたお天気で、ポツポツ降ったり止んだり。
さっぱりなお天気です。

しかし、貴重な日曜日ですから、濡れるのを覚悟で庭にタイルを
貼りました。セメントを練ったり洗い出したり...。
秋の庭もいろいろやりたい事がいっぱいです。






今年の夏もこのゴーヤのカーテンに助けられました。
そろそろ、お役御免になりますが、まだまだ実を着けて元気です。

DSCF3313.jpg

朝にガンガン入り込む日光を遮ってくれました。
窓を開けると、ハチが一生懸命蜜をすっています。
そのお陰で受粉もハチ任せでたくさんの実をつけてくれました。


DSCF3314.jpg

昨年は、2階の網戸にも蔓が伸びて、撤去する時に大変でした。
網戸に蔓が入り込むと、掃除の時に手間がかかるので困ります。
特に蔓が乾燥すると、網戸から外しにくくなります。
今年は、二階の網戸に蔓が手をかけると、夫に「戻りなさい!」と
蔓が下に戻されたので、網戸に蔓が這わずに汚れませんでした。(笑)

さて...いつ撤去するかな?9月半ば頃かな?
昨年は、台風が来ると言うので9/24に撤去していたようです。
何だか急に秋になった感じの今年の気候ですが、残暑があるのかどうか?
お天気次第では、昨年より早く撤去と言う事もあるかもしれないですね。

DSCF3316.jpg

本日の太郎です。
タイル敷きの作業時に、セメントに足跡を残したりと
邪魔ばっかりしていました。









この記事のみを表示するこの色です♪

石窯作り

こちら岩手。
涼しくて散歩が、とても気持ちよいのです。
良い季節になりました。





毎年恒例の燻製を作りました。
燻製作りも、石窯でパン焼きも、段取りがとても大切になります。
どちらもやろうと思いましたが、どうしてもパン生地の準備を
考えるとどうも...と言う事になり、燻製作りだけをしたのです。

外での燻製作りなので、お天気も心配でしたが、曇り空で
何とか持ちこたえました。

   DSCF3307.jpg

私ったら、皆さんのようにしゃれた写真を撮ろうともせずに、
写れば良いと言う感じでシャッターを押すものですから、こんな
写真しか撮れていませんでした。(苦笑)
もう少し何とか...と思いましたが、大雑把な性格ですからこんなもんです。

ベーコン2本・フランク・ウインナー・ベビー帆立・チーズ・ゆで卵。
美味しく出来ました。

   DSCF3308.jpg

燻製のこの色が、とても食欲出ますね。
長男は、入浴後ビールのお伴に燻製を摘んで晩酌です。(苦笑)
言っておきますが...「君は、ニートですからね。晩酌〜っ!?」と
嫌みを言っておきました。(笑)




この記事のみを表示するいちじくですよ♪

家庭菜園

こちら岩手。
秋野菜の種蒔きをしました。
小さな双葉が、芽を出して野菜作りも後半戦に突入です。





今年で3年目になる我が家のいちじく。
1年目は、我が家の環境に慣れる年。
2年目は、ちょっと小さな実をつけてみる年。
3年目の今年は、2年目よりちょっと大きく実をつける年。

DSCF3306.jpg

毎年、冬越しでドキドキしておりました。
2月から3月頃に冬囲いを取り去ると、寒さで葉っぱが無くなってしまい
死んでしまったかと思うほどでしたが...。
それでも、じ〜っと待っていると、葉っぱの芽が小さく出て来て夏には、
枝も葉っぱもかなりの大きさに成長してくれました。
上手く剪定するんだろうけども、どうやってよいやらさっぱり解りません。
今年は、昨年より早めに実をつけて成長中。
もう収穫終わったと言う話も聞きますが...我が家のは、これからなのか?
いちじくの品種によっても収穫時期に違いがありそうです。
我が家のいちじく、何の品種だったんだろう?(苦笑)
さて、これちゃんと成長するでしょうか?
じ〜っと見て成長を楽しみにしているところです。

写真のピントが、残念ながら向こうの栗の木に合ってるようですね。(苦笑)





この記事のみを表示する久々に...。

パン・ケーキ

こちら岩手。
ちょっとした丘の上にある我が家の辺りは、お盆が過ぎると
とても心地よい風が吹くようになる。
日中は、残暑厳しくても夕方になるとひんやりした風が吹くので
生き返った気分になるのです。





今年の夏は、暑過ぎたので...パンもさっぱり焼かずに過ごしていました。
やっとここに来て、焼こうかなと言う気分になってきました。

DSCF3300.jpg


ちょっと手抜きした結果、生地がちょっと緩めになりましたが...。
焼けば田舎パンになりました。

そして、こちらはアンパンです。
いつも野菜を頂くご近所さんへ、何かお礼と考えてアンパンを焼いてみました。

DSCF3302.jpg

何だか焼きムラが出来ましたが、手作りですので...。
中の餡は、粒あんです。

さあ、そろそろ本格的なダイエットしなきゃと思っています。
今年は、草取りダイエットもさっぱり痩せずに、困っています。
2キロ減らして、健康診断に行くぞ〜等と思っていますが、どうなることやら。(苦笑)
何か良いダイエットありましたら、お知らせ下さいませ♪



この記事のみを表示するぐっすり。

猫・犬

こちら岩手。
お盆も終わり、後半戦に突入です。
何とか穏やかに暮らせると良いですね。

真面目に生きていても、色んな事が起きるものです。
ですから、背筋をしっかり伸ばし、地道にコツコツと
生活したいものだと思っています。

キッチンガーデンも畑も、そろそろ秋冬バージョンの野菜の種を
撒く事になります。先を想像し、せっせと動きましょう♪




猫達は、ちょっと暑さも落ち着き(30度)、前よりも寛いでいます。

DSCF3297.jpg

ちょっとの気温差ですが、大分眠りやすいようです。
寝てる姿にも、ちょっと安心感が漂っている様な?(笑)
ぐっすり寝ています。

DSCF3298.jpg

きっと、お盆に畑で採れたトウモロコシと枝豆を食べた事でも
思い出して寝ているのでしょうか?
我が家のクロは、トウモロコシと枝豆に目がありません。
どんな危険を犯しても、盗み食いしようとしていました。


この記事のみを表示する整いました。

猫・犬

こちら岩手。
やっとお盆を迎える準備ができました。(汗)

畑の草刈りをしたり、家の窓や網戸の掃除をしたり...、
誰も手伝う人もいないので、必死に暑い中ガンバリマシタ。

やらないで済ませる事も、もちろん可能な事ですが、やっぱり気分良く
仏様を迎えたいと思うのは、歳のせいなのでしょうか?(苦笑)

親は、特に何も教えなかったけれども、先祖から伝わる事は、日本人として
大切にしたいと、今になると思うのです。
20代のトゲトゲし突っ張って生きていた時には、とても考えられなかった事です。

やるべき事を淡々とこなす。
親は、そうしていたように思います。
私は、親が生きていた時よりも、親の事を良く考えるようになりました。
これも、また不思議な話です。
50歳を超えて、説明出来ないけれど、何かが解った様なそんな気持ち。
皆様も、そんな気持ちになった事ありませんか?


今、子供達に伝えたい事は、山ほどあるものの...。
若い20代の子供達は、興味の無い事で、どうでもよい事のようです。(苦笑)





我が家の可愛いやんちゃ坊主の銀太です。

     DSCF3296.jpg

私の朝食は、ヨーグルトです。
バナナを一本つぶし、その中に甘酒かきなこを入れ、豆乳でドリンク状にして食べています。
毎朝食べるので、銀太もしっかり覚えていて、時間になるとちゃんと椅子に座って待ってい
ます。

今日は、ヨーグルトの空き箱に手を入れて、残ったヨーグルトを一生懸命舐めていました。
必死です!




この記事のみを表示する夏でも痩せないワケ。

家庭菜園

こちら岩手。
大学生の夏休み...8月〜9月いっぱいあるようです。
10/1日の後期の授業が待ち遠しい母です。




雨が不足と言いながらも、畑の野菜は、一生懸命に実って
私に、食べる楽しみを与えてくれます。

     DSCF3287.jpg

15本ほど植えたトウモロコシも2回目の収穫です。
初めの収穫のときは、まだケモノに見つかっていなくて、ほっとして
いたのですが...。
2回目の収穫に畑に行くと、2本のトウモロコシが倒され食べられてました。
きっと狸だとおもうのです。
それもしっかり実の入ったトウモロコシをばかり食べてました。
礼儀を知らないケモノらしく、トウモロコシを全部食べる事無く1/2程食べて、
次のトウモロコシに移って食べてるのです。
どうせ食べるなら、しっかり綺麗に食べなさい!と言いたい気分。
ケモノに見つかった以上、もう3回目の収穫は、出来そうにもありませんね。
仕方なく、ちょっと早いと思われるものまで、収穫して来ました。(苦笑)

     DSCF3294.jpg

キッチンガーデンの野菜も豊作で食べきれずに、知り合いに配っています。

     DSCF3293.jpg

ゴーヤのカーテンもしっかり出来て、陽射しをカットしてくれてます。
朝早く窓を開けると、ミツバチがせっせと受粉作業をして働いてます。
お陰さまで、ゴーヤもたくさん実っていますよ。

 
     DSCF3292.jpg

今年のトマトは、雨が少ないせいか?とっても、甘くて美味しいのです。

     DSCF3291.jpg

キュウリも元気。
隅っこに隠れていたおばけキュウリを収穫したので、今晩それを
酢の物にして頂こうと思っています。
夏バテしないようにしっかり食べているので、さっぱり痩せませんよ。(苦笑)
痩せない訳は、収穫した物をしっかり食べているからですね。




この記事のみを表示するスイカも豊作!

家庭菜園

こちら岩手。
岩手の良いところは、夏がそんなに暑く無い事だったはず。
それなのに、今年は、35度超えたりしちゃって暑過ぎ。
冬は、寒過ぎ。夏も暑いとなると、岩手の取り柄が無くなってしまう。(苦笑)




我が家の畑のスイカちゃん。
雨不足の中、大きく育ってくれました。

     DSCF3289.jpg

収穫に行ったら、な〜〜んと大きなスイカが、5個も収穫出来ました。

     DSCF3290.jpg

一番大きなスイカは、大きくなりすぎて、爆発!(苦笑)
爆発したスイカも、家に持ち帰り、大丈夫な場所を食べました。
甘くて美味しいスイカでした。

親戚にあげたりして、残ったスイカは、あと2個。
お中元で頂いたスイカも入れれば、3個。
家のキッチンでゴロゴロしています。

子供達にサッカーボールのように、足でどけられています。(苦笑)
食べ物なんですけどね...。



この記事のみを表示するあの日のまま...。

いろいろ

こちら岩手。
連日、暑い日が続き、猫も犬も人間もダレダレで暮らしています。
朝の散歩でさえ、暑すぎます。





福島の親戚に不幸があり、2泊3日で出かけておりました。


     IMG_4847.jpg

福島の沿岸の地域まで行くには、車で移動した方が便利なので東北道から常磐道
に入りました。
途中のジャンクションでは、間違って通り過ぎたり...。
休み休みの運転でしたが、無事予定をこなし、帰宅する事が出来ました。

福島の沿岸は、ご存知の通りあの原発事故があった場所です。
私の親戚の場所は、その原発事故の場所を通り過ぎ、いわきの手前にあります。
避難地域ではないけれども、放射能で土地は、汚染されたりし、いまだに避難
し半分以上の住民が戻って来ていな状況のようですよ。

近くのホテルや民宿も、原発の後処理の作業員の為に契約されていて空きの無
い状態が続いていました。
週末だったので、自宅に帰る作業員もいる事から、ホテルの予約も何とか出来
き泊まる事が出来たのです。

常磐道も、原発近くは、放射線量も多くて、バイクの通行が制限されてます。
車から放射線量を記載した電光掲示板をパチリ!(暗いですが...)
まだまだ、かなりの放射線量(5.2)です。これが現実なのです。

この地の家々は、住む人も無く地震で壊れた状態です。
いつか戻ろうと、屋根の瓦の壊れた部分に青いシートが、かぶせてあるのが、
何とも言えない気分でした。
新築の家も完成引渡前だったようで、建築会社のシートで覆われたまま放置
されていました。新しい家に、どんな夢を描いていたのでしょう。
それでも、逃げなきゃなかったのです。

原発は、補助金をもらってる地域の人だけに影響を及ぼす事じゃなく、広域に
被害を及ぼし、長い年月苦しむ事になります。
これを見ると、やっぱり原発再開しちゃいかん!と言う気持ちになります。
あの区間は、まだまだあの震災の時間で止まったままです。


     IMG_4853.jpg

こちらは、宮城の仙台平野。
津波の影響で、塩害被害にあった田んぼだと思われます。
ササニシキじゃなくて、雑草が伸びています。



何だかあの時が、思い出され、胸がざわざわしました。