この記事のみを表示する小梅ちゃんの開花宣言♪

家庭菜園

こちら岩手。
今年は、どうしたのだろうと思うくらい暖かい。
何だかちょっと気味が悪い。




これは、庭の小梅の木。
月曜日に写した写真なのだけど、ぷっくり蕾も大きくなっている。
今、庭に出て確認したら、5輪ほど花が咲いていた。
これは、開花宣言しても良いのじゃないかな?(笑)
今日は、まだ3月。(笑)
かなり早い開花宣言だと思います。

   thumb_DSCF3712_1024.jpg

それにしても、蕾を綺麗に撮ろうとして、ピントが後ろの木にあってるなんて、
私らしい失敗です。(苦笑)
下のクリスマスローズもその通り、ピンボケですが...。

   thumb_DSCF3725_1024.jpg

今年は、3月半ばより庭の作業も始め、草取りも開始しています。
土と触れ合うことは、体力的にしんどい時もあるけれど、それ以上に精神的な
安定を感じられるのでとても良いのです。
体を動かせば、お腹も空くし、ぐっすり眠れるし、良いことですね。

今日は、学校脇の菜園に行って、堆肥をまいたり、イチゴの手入れをしてきました。
枯葉がイチゴに混じってあったり、雑草も蔓延ってましたが、それを一つ一つ
解決していくと、すっきりしたいちご畑になります。
こういう手間が、人間関係にも必要なんだろうなと、草取りをしながら色々考えて
おりました。(笑)

今年蒔きたい種も手に入れたし、これから楽しみがいっぱいです。
ガンバリマスよ。今年も。



この記事のみを表示する人参の白和え。

美味しいもの

こちら岩手。
朝起きて部屋のカーテンを開けたら、青空に岩手山がくっきり見えていました。
何て清々しい朝。




自分で育てた人参もすっかり食べつくしてしまい、近頃はお店で買った人参を
食べています。
人参も保存を上手くしないと冷蔵庫で乾燥してしまったり、腐ってしまったり、
葉っぱが出て成長してしまったりします。
何とか美味しく食べたいなと思って、冷凍保存にすることにしました。

佐藤初女さんが、野菜を蒸すと美味しさが増すと言ってた本を読んだので
私も、真似て人参を切って蒸してみました。
確かに、煮るよりも甘さが増しています。水っぽくもありません。
こちらの人参は、白和えや、ちょっとした煮物用です。

   thumb_DSCF3705_1024.jpg

こちらは、サイコロ状の人参を蒸しています。
これは、冷凍保存しているトウモロコシと合わせて、ミックスベジタブル風に
してサラダなどに使いたいと思っています。

   thumb_DSCF3708_1024.jpg

粗熱を取ってから、冷凍保存します。
ぷ〜んと甘い人参の香りがするのです。

   thumb_DSCF3710_1024.jpg

2月に佐藤初女さんが、お亡くなりになり、ずっと初女さんの本を何度も
読み返しています。

面倒くさいな〜というのが、口癖の私ですが、今日はなんだか丁寧に
初女さんのように「人参の白和え」を作りたいと思って、すり鉢を出して
丁寧に作ってみました。

確かに、丁寧に仕事をすることは、心が落ち着くようです。
1日に一回だけでも、ちょっと初女さんを真似て丁寧に暮らすというのも
良いなと思っています。
特に面倒くさがり屋の私ですからね。(笑)





この記事のみを表示する堆肥が完熟して

家庭菜園

こちら岩手。
例年より暖かく、穏やかな春の日を迎えています。

朝の散歩も気持ち良く、爽快です。






日曜日は、お天気も良いのでいつもより早くキッチンガーデンを耕しました。
まずは、苦土石灰や鶏糞・牛糞と熟した自家製堆肥も入れて、いつもより
栄養満点な土作りです。

   thumb_DSCF3703_1024.jpg

キッチンガーデンの堆肥置き場には、普段から雑草を入れたり剪定した木を入れたり
葉っぱを入れたりして堆肥を作ってました。
今年、その堆肥の出来がどうかと思って外に出してみると、しっかり熟成した
堆肥が出来上がっていました。

上の画像が、その堆肥です。
ちょこっと枝が、残っていますが、良い出来だと思います。

キッチンガーデンは、もう一つの家庭菜園より土が固くなりやすく悩んでいました。
この堆肥を入れたら、少しふかふかの土になってくれるのでしょうか?
これからは、この自然の堆肥を使って土を改善してみたいと思っています。

   thumb_DSCF3704_1024.jpg

幸い我が家の裏には、林が存在するので、そこの枯葉を集めて来て
からっぽな堆肥置き場にまた詰め込みます。
お米を精米した時の、米ぬかを入れたり、雑草を抜いたものを入れたり。
剪定した梅の木も小さく切って入れたり...。
なんでも土に返そうと思っています。
そう思えば、何でも宝の山ですね。(笑)



この記事のみを表示する感謝を忘れずに...。

子供達

こちら岩手。
ひんやりした空気なのですが、晴れて良いお天気になりそう?
昨日のように、くるくる変化する天気にならないと良いのですが...。

やっぱり人というものは、その日の気温にて行動範囲が決まるようで
寒いとあまり動こうとせず、暖かいと行動的が広がります。
今日は、どれだけ活動できるかしら?




  thumb_DSCF3702_1024.jpg 

先日、息子の大学の修了式を終えました。
長い長い子育てでした。やっと巣立ち社会に出ます。
あともう一人(末っ子)、踏ん張りどころですね。

私たち夫婦のこだわりは、奨学金を受けさせずに卒業させると言う事。
何とか2人まで社会に送り出せました。
日頃から、私たちの財産は子供3人だけだから、何も残せないと伝えています。
今後しっかり自立して親を頼りにせず、生きていって欲しいとものです。

子育てが上手くいったとか?失敗だとかは、きっと自分が死ぬ時にしか解らない
事なのでしょう。(苦笑)
私たちは、十分な教育を受ける場を提供し自立する基盤を整えました。
これからは、自分の力で進んで欲しいものだと願います。

いろんな方に「感謝を忘れずに...」




この記事のみを表示する春のぼた餅。

パン・ケーキ

こちら岩手。
雨が降っています。

昨日までは、お天気も良かったのでキッチンガーデンに苦土石灰や堆肥などを
撒くという作業をしていました。
本日は、外の天気の様子見。




彼岸に作ったぼた餅です。
いつもは、2合のもち米で赤飯を炊き、更に2合のもち米でぼた餅を作るのですが、
今年は、どちらも1合だけ炊き食べきれる分だけにしました。

   DSCF3696.jpg

1合って初めて炊く量なので、うまく炊けるか心配でしたが、
これが、ピッタンコな量で余すこともなく適量でした。
もちろん、ぼた餅も小さめを9個作り、ゴマときな粉と小豆の3種類作り、
仏壇に1セットお供えして、残りは自分たちのお茶請けになりました。

伝わるかわかりませんが...。
我が家の春のお彼岸もこれでおしまいです。





今日は、「人の嫌な面は、見えても見るな!」という気分で。

                        吉沢久子著 「本当の贅沢」より







この記事のみを表示するNO.51とNO.52の靴下。

趣味の作品

こちら岩手。
小学校の卒業式が、巷ではピーク?
着飾ったお子様や、ご両親、祖父母まで集まってました。





お彼岸なので、お菓子や果物や花を準備しています。
明日、お墓参りに行かなくっちゃ。

私は、もう介護(親)を終えましたが、今思えば後悔もあるし、
反対に腹の立つこともありました。(笑)
ただ...あの時の親の気持ちってどんなだったろうと考えることがあります。

母親が、癌だと知らされて介護していた父の気持ち。
自分が、介護される時の父の気持ち。
思い通りに体が動かない気持ち。
老いる事で、起こるいろんな感情。

今思えば、どれ一つ側にいても共感してあげられなかったなと思うのです。
子供を産み育てても親って孤独なのかもしれない。
自分がこれから老いる事で、初めて父の気持ちを感じ取れるのかもしれないと
思うのです。




NO.51の靴下は、濃いグレーの糸とOpalの段染めにされた毛糸を使って
編み進めたものです。
ボーダーって、私大好ですけども、糸替えが面倒と言えば面倒でした。
段染めの糸合わせは、しませんでしたから、模様が違いますね。

   DSCF3653.jpg


模様編みの靴下を編みました。
こちらは、濃いグレーの毛糸を使って模様編みにしました。
間違えないように編み図とにらめっこになります。
あまり本の編み図が小さいので、拡大コピーをし、その上老眼鏡をかけて
編むのです。時々、間違えてほどきました。


   DSCF3694.jpg


暖かくなると、外仕事が増えて、編み物の時間が夜だけになります。
それに肉体労働すると疲れて編み物が進まなくなりますが、それでも
少しづつ編み進めたら良いなと思っていますよ。

さて、今日も頑張ろうっと♪

この記事のみを表示するそろそろ、春♪

家庭菜園

こちら岩手。
晴れていたので散歩に出たら帰りは、急に小雨が降り出して
少し濡れました。

今日は、外で仕事をしたいのだけど...出来るでしょうか?




3月初めに梅の木の剪定をしました。
梅の木に登って枝を切ったり、長い剪定ばさみで下から切ったりと
腕腰足が、大変疲れました。
バカは、高いところに登ると喜ぶと言いますが、私も同じ。
我が家の梅の木くらいの高さなら、子供の頃を思い出してワクワクして
しまいました。

本当は、腰が痛いにもかかわらず、調子こいたのでその後病院に行く事に
なったのですけどね。(苦笑)
歳も歳。若くないのですから、注意が必要なようです。

   DSCF3692.jpg

剪定した枝も畑に返します。
冬に食べた牡蠣の殻をこの梅の枝で燃やして畑に撒こうと思っています。
畑で出たものは、畑に返そうと思います。


   DSCF3690.jpg

こちらは、雪の消えた畑で育っていたニンニク!
今年は、ニンニクも自家製です。
玉ねぎは、ひょろり〜〜んと土から出ていました。
ちゃんと北国の冬を乗り越えたようです。

   DSCF3691.jpg

こちらは、水仙。
チューリップも芽を出してきています。
今年は、長男が卒業して社会人になります。今年、25歳で独り立ち。
長い長い子育てが、一つ終わります。
しっかりと自立して欲しいですね。



この記事のみを表示する只今、💻と喧嘩中。

いろいろ

こちら岩手。
腰の調子が悪くなり、ついに整形外科を受診しました。
なんでも骨と骨の間が減って硬くなっているらしく、騙し
騙し生活していくより仕方ない様子。

今日の太郎との散歩は、いつもよりゆっくりペースでした。




しばらくやってなかったPCのバージョンアップをしたら、使い方が変わり
若干戸惑いを感じながら使用しています。
快適になるはずが、何だか不具合も起きて...慣れるまで大変。

   DSCF3683.jpg

写真も読み込めなくなったり、只今PC前で悪戦苦闘しています。
だって、ダウンロードしろと言われてしたのに.動かないとか...。
PCに向かって「この!馬鹿野郎!」と叫び、思い通りに動かないPCに
腹を立ててる私って、PCにバカにされているのよね。(苦笑)


上の写真は、先日焼いたパン。
サイコロ状のチーズを入れて焼いてみました。


さあ、またこれからPCとケンカします。




この記事のみを表示するき・み・た・ち。

猫・犬

こちら岩手。
すっきり青空で、気分も良し!
今日も張り切って行こう♪




こんなお天気の日は、テーブルの下の椅子に陣取って日向ボッコ。
朝陽が、気持ちよいんだよな。

   DSCF3688.jpg DSCF3689.jpg

左が、お母さんのささぎ。右が、息子の銀太。
背もたれから手が出て、それもまた可愛らしくてね。
つい肉球を触ってしまいます。
どんな夢を見ているやら...。幸せそうだね。
き・み・た・ち。





この記事のみを表示する2016 手前味噌

パン・ケーキ

こちら岩手。
朝の散歩の時、霧が立ちこめて幻想的だった。
まるで、森に飲み込まれてしまう錯覚を抱きました。




2016年の味噌を仕込みました。
今年の豆と麹は、生協で買いました。

DSCF3663.jpg DSCF3668.jpg

前日から水に入れてふやかした大豆をじっくり時間をかけて煮ます。
この日は、佐藤初女さんの番組が朝の5時より再放送されるので、
日曜の朝にしては、早めに起きてじっくり大豆も煮る事が出来ました。

DSCF3670.jpg DSCF3674.jpg

柔らかく煮えた豆をフードプロフェッサーに入れないで、ミンサーに
投入してくりくり回転させてすり潰しています。
手作業なので、腕が大変疲れます。

そして、塩と麹と潰した豆をもみ込みます。

DSCF3675.jpg DSCF3676.jpg

味噌用のカメは、実家より持ち帰ったもの。
きっと母親も色んなものをこのカメの中に入れて作ったのでしょうね。

空気を抜く為に、カメの中に味噌玉を作って「ばっしっ!」と投げ込み
それを夫が、丁寧に押し込んで平にします。
そして、最後にラップでしっかり表面を覆います。
空気が入るとカビの原因になりますから。

DSCF3680.jpg DSCF3682.jpg

最後に2キロの塩をビニール袋に入れて、重し代わりに味噌の上に
置きます。重しの塩は、味噌の表面の形通りに置かれて空気の侵入を
防いでくれそうですね。
しっかり上からビニール袋で覆って、2016 手前味噌の仕込みも
終わりました。あとは、寝かせてじ〜っと熟成を待ちます。

人にも良い熟成期間が必要なように、味噌も同じです。
良い味噌(人)になるか、悪い味噌(人)になるかは、その味噌(人)次第。
この熟成期間で決まりますね。

日々の仕事も、いろいろ考えると深いものです。