この記事のみを表示する栗っ!くりっ!クリッ♪

美味しいもの

こちら岩手。
雨上がりの朝です。




食欲の秋です。

   thumb_DSCF4061_1024.jpg

果物もおいしくなり、山の恵みもいっぱい。
山に入らずに、栗をたくさん頂いて、茹で栗にしたり、こりご飯用のむき栗を
準備したりしています。

只今、娘が帰省中(10月より仕事復帰)なので、弘前に帰るときに栗ご飯でも
持たせようかと思っているのです。

裏の林の栗も、もう少しで落下するようなので、また栗が食べられそう。
次は、渋皮煮にしようかと思っています。

私は、栗を水から煮て食べていましたが、煮るときに塩を入れて煮ると言う
人もいて、今回その方法を試しました。
栗にうるさい夫は、塩味はなくて良いと言います。(苦笑)
栗の皮が、若干塩味がするのが許せないのかもしれないですね。
私もどちらかと言うと、ただ茹でた栗が美味しいと思う。
手を加えない茹で栗が好きです。

   thumb_DSCF4052_1024.jpg 

こちらはね。お彼岸にいつも作る(おはぎ)です。
着々と、行事をこなして、いつもの冬を迎えようとしています。
平々凡々な毎日ですが、これが一番大切で幸せなことだと思っています。






なんだか価値観の違う人の中に身を置いていると、疲れること疲れること。
その見栄は、なんの得になるのか?
ああ、切り捨てないな。無駄な付き合いを♪






この記事のみを表示するぐっすり。

猫・犬

こちら岩手。
朝の気温が、ぐっと冷え込むようになりました。
夏掛けだけだと、ちょっと肌寒く、お布団をプラスしています。

急ぎ足で、冬が来るな。




秋になり、昼寝がしやすくなったのか?
猫たちも、それぞれの場所でぐっすり昼寝をしています。

   thumb_DSCF4047_1024.jpg

テレビ脇に置いた低反発クッションに眠るのは、いつもささぎ。
ぐっすり眠ってこの状態です。

   thumb_DSCF4048_1024.jpg

毛布の上に眠るのは、クロ。
朝ごはんを食べてから、お昼まで寝て、お昼ご飯のお相伴に付き合って
その後、また夕方までぐっすり。(苦笑)
寝てばかりいます。
時々、ちょっかい出されても、平気。動じません。


   thumb_DSCF4051_1024.jpg

銀太は、ソファーの上で昼寝中。
写真を撮りながら、チョイチョイと体を突っついたら、
迷惑そうに顔をしっかり隠してしまいました。
「ほっといて!」欲しいと言うサイン。(苦笑)

どの猫も、夕ご飯がそろそろだな?という時間まで眠ります。

そして、5時頃から私の後追いを始めて、「ご飯まだ〜?」攻撃をします。

次、私も生まれ変わるなら、飼い猫に生まれ変わろうかと思う位に
幸せそうですよ。






この記事のみを表示する仲間入り。

家庭菜園

こちら岩手。
どんよりしたお天気です。

彼岸の入りなので、実家のお墓に行き線香をあげて来ました。
これから、お赤飯とお萩を作るところです。




昨日、お休みの夫と一緒に小岩井農場で行われている「CRAFT市」に行ってきました。
9時ちょっと過ぎに会場に到着したので、一番乗りかもしれないなと思ったら...。
甘かった!駐車場は、手前がすでに満杯。
前に来た時よりも盛況な感じでした。

会場を3巡りほどしていたら、夫が私を呼びます。
「ちょっとこのカップ持ってごらん?」
何気なく持つと、とても軽いのです。
書かれた絵もほのぼのとして可愛いし、今回は、こちらの作品を購入して来ました。

   thumb_DSCF4045_1024.jpg

右の猫の柄のカップが、私用。左が、夫用。
軽くて、薄くて、コーヒーがとっても飲みやすいのです。
カップ一つで、いつものコーヒーが、美味しく感じるのですから、良い出会いでした。

猫の箸置きは、夫との老後を楽しく過ごしたいと思って買いました。
これまた、可愛い。平凡な暮らしが、ちょっと楽しくなりました。




我が家の裏の林の栗が、今年もたわわに実をつけています。

   thumb_DSCF4042_1024.jpg

口をぱかっと開けて、下に落ちてくるのを今か!今かと待っています。
栗ご飯も良いし、渋皮煮も美味しいね。
ロールケーキもパウンドケーキも美味しそう。
頭の中は、食べ物でいっぱいになっています。
やっぱり秋ですね。


   thumb_DSCF4040_1024.jpg 

これはね。
ヤーコンなんです。

何回かヤーコンを育てたけど、花が咲いたのを見たのは...初めてかも。
黄色い小さな花が咲いていました。
葉っぱもお茶にして頂くらしいのだけど、まだやったことがなくてね。
ただ今、ネットで勉強中なんです。
根っこの芋は、サラダにして食べようと思っています。
梨のような味なんですよ。

   thumb_DSCF4041_1024.jpg  

あっそうそう。大根も少し大きくなりました。
まだまだヒョロヒョロですが、立派な大根になれるでしょうか?





この記事のみを表示する田んぼアート!

いろいろ

こちら岩手。
どんより曇り空。
気温も25度ほどで、秋が近づいてる感じがします。




日曜日は、弘前へ。
朝早くに起き、9時に到着する予定で高速を走ります。
「まだまだ、紅葉には早いね。」と言いながら、今回は、助手席で
余裕で景色を楽しめました。

本当はね。
今週2度目の弘前なのですよ。
娘がね、仕事中に腰を痛め入院騒動だったもので、前回は一人で
高速を走り、景色なんて見る余裕が無かったんです。
ですから、今回は、夫が運転。
じっくり車窓を楽しませていただきました。

用事も早々に終わったので、せっかくなので田舎館村の「田んぼアート」
見に行く事にしました。
弘前より、15分程度の移動で会場に到着しました。近いですね。

田んぼアートの存在は、テレビで知っていましたが、現物を見るのは初めて。
色んなお米の特徴(色)を捉えて、素晴らしい田んぼアートになっていました。

下から見ても絵に見えませんが、田舎館村の役場?の展望台(お城の形をしている)
より下を見ると、こんな感じなのです。

  P1000021.jpg

毎年、田んぼアートのテーマは、変わるようですが...。
今年は、「真田丸」が、テーマ。
「青天の霹靂」は、青森を代表するお米の名前です。
美味しいと評判でしたね。

  P1000022.jpg

細部の色の変化も全て稲穂たちが構成しています。
ここまでやるには、最初の田植えが大変ですよね。
一本一本手植えした方々の苦労が偲ばれます。

田舎に観光客を呼ぶ、田舎館村の村長さんの目のつけどころに感心した次第です。
過疎、人口減少高齢化を騒ぎててますが、それは仕方ない事!
そこで、何をするかと言う事ですよね。

   P1000047.jpg

こちらは、今の弘前城。

華やかな5月の雰囲気がないのだけど、夫婦二人でゆっくり散歩するには、
ちょうど良い感じなのです。桜の季節と違って静寂を楽しめました。

今、弘前城は、石垣の補修のために城を曳屋で移していました。
前のように赤い橋のたもとにそびえる城は、しばらく見られませんが、
この曳屋でこの建物をそっくりそのまま移動させる技術に感服します。
すごいね〜〜。
補修工事が終わって、また元の位置に戻ったら、また見に来ようと思います。

弘前は、とっても良い青空でした。




この記事のみを表示する早く熟れねば,ちょん切るぞ!

家庭菜園

こちら岩手。
台風崩れの低気圧を心配して眠りに入りましたが、
前回の10号のような被害ならず、少し一安心しています。
もう、北海道と東北にしばらく雨はいらないなと思っています。




みなさんのお宅のイチジクは、豊作で毎年たくさんの収穫をしていると
言うのに..我が家のイチジクったら!さっぱりなんです。
昨年は、数個実がついたけど、食べるまではいかず...。
夏には、みなさん収穫していたけど、我が家は、晩生なのか?これからなのか?
さっぱりな状態なのですよ。
収穫を待ちきれない私に、途中でちょん切られる運命なのでしょうか?(苦笑)

   thumb_DSCF4037_1024.jpg

葉っぱと木だけは、わっさわっさと大きくなっていますけども。
さてさて、これをどうしたもんか?
しばらく様子見ってところです。

   thumb_DSCF4038_1024.jpg thumb_DSCF4039_1024.jpg

こちらは、ブロッコリーとニラの花です。
雨上がりに、外に出て庭を見回ったら、ブロッコリーが収穫間近。
ニラは、花を咲かせていました。

ここ数日、思いがけない事が起きて、急にそれを第一優先に行動し家を
留守にしてましたから、戻ってくると「家」って良いな〜と感じます。
家の居間も布団も庭も。
全てが、なんだかほっとする空間。
数日、東京出張だった息子も家に帰ってきて「やっぱり家って良いな。」と言う感想。

そうなんだよね。
家って、離れてみると良さが解るんだよね。




この記事のみを表示する時期外れの苺ジャム。

家庭菜園

こちら岩手。
またまた台風の進路が、とても気になります。
道路も寸断されて、沿岸部と内陸部が移動できにくい状態が続いています。
ここに来てまた大雨となると...海上を通過してほしいと祈るばかり。




冷凍庫が、収穫した果物や野菜で満杯になりすぎて...。
何が一番場所を取っているかと言うと、豊作だったイチゴと梅なのです。
梅は、梅シロップにしながら消化中なのですが、イチゴがね〜。
悩んだ末に、いちごをジャムにして保存することにしました。
まだまだ、ジャムは残っているのですけども、仕方ありません。

   thumb_DSCF4028_1024.jpg

大きな鍋に入れて、ぐつぐつ。
今回は、あまり煮詰めずにさらっとしたジャム。

瓶詰めにして、常温保存にしました。
いちごの場所が、空いたので、そこにはピーマンやシシトウを冷凍します。
冬の野菜不足の時期に食べられるようにして置くのです。

   thumb_DSCF4031_1024.jpg thumb_DSCF4032_1024.jpg

ちょうど余ったジャムを使って、いちご入りの牛乳プリンを作りました。
ダイエット中なのとお年頃(健康を気遣う)なのとで、あまりお菓子作りを
していませんでしたから、何だか手順が思い通りに進まず。(苦笑)

もたもたしましたが、いちごプリンの完成です。
本日のおやつは、「これっ!」だな。



この記事のみを表示するちっぽけな幸せですが...。

趣味の作品

こちら岩手。
残暑厳しく、岩手でもまだまだ30度超える日が多いのです。
湿度も高いものだから、体に負担です。




日曜日は、畑の草を取ったり、ガーデンテーブルの塗装をして、
夫婦で労働に勤しみました。

本日は、少しゆったり。
太郎の散歩を終えて、朝食のバナナヨーグルトを食べてから、
昨日ホームセンターで端切れを買ったので、それを使ってランチョンマット
を作りました。

   thumb_DSCF4035_1024.jpg

直線縫いなので簡単なのです。
それでも、端っこがうねうね曲がってしまうのだけど、そこが手作りの良さ。(苦笑)
自分好みの道具があると、家事も少しばかり楽しくなります。
さあ、今晩は、このランチョンマッドを使って夕ご飯だぞ。

私の幸せは、こんなちっぽけなことなんです。