この記事のみを表示する大人の火遊び2016

石窯作り

こちら岩手。
今朝は、こちら冬のスイッチが入ったかのような気温。
外の車にも、霜が降りていました。






そろそろ冬の準備をしなきゃいけないのだけども、
まだまだやり残していることが多くて、日曜日もやっぱり庭で
遊んでしまいました。

キッチガーデンの落花生と里芋を収穫したり、燻製を作ったり。
むふふな、1日でした。

大人の火遊びの中心は、夫君。
まずは、燻製器に梅の木を選定した時に出た枝を入れて、
炎と熱で燻製器を強制消毒です。

   thumb_DSCF4108_1024.jpg

十分乾燥させた枝なので、燃えていますね。



   thumb_DSCF4109_1024.jpg

ほら、良い感じです。

   thumb_DSCF4110_1024.jpg

今回、準備したものは、チーズ・豚バラ・豚肩・ベビーホタテ・卵。
でも、見えてる網(夫作)は、なんとも大きすぎて...。
小さなベビーホタテと卵とチーズは、落ちそうで危険です。
現実に、卵が落下して焼き焼きゆで卵になりました。


   thumb_DSCF4113_1024.jpg

煙で、モクモク。
燻製燻製。
中を覗こうとすると、自分も燻製になります。

   thumb_DSCF4117_1024.jpg

こちらは、出来上がりです。
しばらく、保存しながら頂こうと思っています。

さあ、やり残したことを一つづつ消化して、冬を迎えなくっちゃ。



この記事のみを表示する編め!編むんだ!編めよ!(NO.54)

趣味の作品

こちら岩手。
晴れていますが、ゴーゴーという風の音。
洗濯物が、飛んでかないと良いのですけれども。




畑に出かけ、ヤーコンと黄色い食用菊の収穫をしました。

   thumb_DSCF4104_1024.jpg thumb_DSCF4105_1024.jpg

でも、ヤーコンの方の写真は、ヤーコンの部分が途切れて写っています。
何をどう写すつもりだったのか?笑うより仕方ない写真です。
ヤーコンは、久々に作りました。2本だけ植えましたが、我が家で食べるには、
十分です。千切りにしてサラダでいただきます。
ヤーコンは、血糖値を上がり難くする作用があるとか?
お年頃の私たちには、ぴったりでしょうか?

そして、晩生の食用菊も満開になりました。
ちょっと出かけているうちに、満開を迎えて、収穫が追いつかない。
霜が降りる前にと思うものの...採りきれない。
鑑賞して終わりになりそうです。





寒くなってきて、やっと靴下を編もうと言う気持ちになりました。(笑)
編め!編むんだ!編めよ!の気分で。
NO.54の靴下。

thumb_DSCF4107_1024.jpg

シマシマのゼブラ模様の靴下が、完成しました。
これは、夏前に片方編んでいて、その後暑くなり靴下編みの意欲を
失ってしまって放置されていたものなんです。
10月から、夜のドラマ鑑賞時間に編み進め、やっと完成なんですよ。(苦笑)
ですから、編み数を忘れたりと散々でした。
さあ、これからは、もう少し真面目に編み物もしなくっちゃと、自分に喝を入れて
いるところです。


この記事のみを表示するゴーヤ様様。

家庭菜園

こちら岩手。
天高く馬肥ゆる秋。

澄んだ空気、真っ青な空、くっきり見える岩手山。
気分爽快な日です。




夏の間、日除けとして活躍したゴーヤのカーテンも終わり。
朝晩は、めっきり冷え込むようになってきたので、今度は日差しを取り入れないと
寒くて仕方ありません。

ゴーヤのカーテンは、ありがたかったな。

     thumb_DSCF4075_1024.jpg

今年は、3本植えたうちの1本が死んでしまって、2本でカーテンの役目をして
もらったのです。
しかし、初めて植えた白ゴーヤは、とても成長が遅くてヤキモキヤキモキ。
やっと育って、6本の収穫出来ました。
でも、緑のゴーヤより美味しくないし収穫も少ないので、来年からは植えない。(笑)

thumb_DSCF4078_1024.jpg

ゴーヤは、食べ始めは苦手だったけれど、食べ慣れていくうちに、夏になると
「食べたいな。」と思うようになりまた。
不思議な魅力のお野菜ですね。

今年も、ゴーヤの佃煮やゴーヤチャンプルーでお世話になりました。
冷凍保存もきくので、雪が降っても味わえます。

今年もありがとう。
来年も、きっと植えるからよろしくね。


この記事のみを表示する石窯でパンを焼く♪

パン・ケーキ

こちら岩手。
秋晴れで、心地よくドライブ日和。
山は、紅葉。




私は、あまり外に出かけるのが好きな方ではない。
出かけると楽しいと思うのだけど、家にいる方がもっと楽しいもの。


   thumb_DSCF4090_1024.jpg

今日は、お天気に恵まれたし、畑仕事も特に無いので、石窯に火入れをして
パンを焼こうと思っているのです。

基本の家事を手抜きでささっと終え、せっせと生地作り。
石窯の温度が、適温になるまで3時間ほど要するので、
逆算しながらの生地の準備となります。

せっかく、石窯に火を入れるのだから、お昼ご飯はピザにしようと思います。

   thumb_DSCF4091_1024.jpg

本当は、2枚の生地を準備したのだけども..。
せっかちな私は、窯の温度がまだ高くなっていない時に入れてしまい、
さっぱり焼けず。(苦笑)
一枚の目のピザは、お昼に間に合わせる為に、オーブンで焼く事になってしまい
ました。(笑)
こちらのピザ(2枚目)は、石窯で数分で焼けたんですよ。

   thumb_DSCF4096_1024.jpg

ほらっ♪よく焼けたでしょう?
太郎が、チーズの焼けた匂いに反応して、尻尾ブンブン振り
よだれダラダラ垂らし、「早く頂戴!」と吠えてます。

   thumb_DSCF4092_1024.jpg

こちらは、オリーブオイルを使ったパン。

   thumb_DSCF4099_1024.jpg

石窯で難しいのは、焼き時間。
窯の庫内が、しっかり温まっていると、ほんの数分でパンが焼けます。
そこを見逃すと焦げてしまいます。
本日も、ちょこっと焦げてる場所も。
石窯の塩梅を知るには、何回も何回も焼かねばダメですね。
一年に一度の火入れじゃ、焼きも上達しません。(泣)
もう少し、真面目に取り組まないとダメですね。





この記事のみを表示するぼ〜。

パン・ケーキ

こちら岩手。
岩手山の初冠雪から数日...麓の気温もググッと下がってきたようです。
11月まで、ストーブの点火をするまいと思っていましたが、朝5時半起きの
お弁当作りに体がしっかり冷えるので、仕方なくストーブも初点火となりました。

ちょっと体を甘えさせると、どんどん甘える体質。(苦笑)
これからは、さほど寒くなくても点火しそうな予感です。




先日、久々に焼いた田舎パン。
何ともクープがイマイチでした。

   thumb_DSCF4067_1024.jpg

今年は、1日1日があっという間に過ぎて、あれよあれよともう冬を迎える準備です。
いったい私って、何をしていたのでしょうか?
昨年は、庭のバージョンアップに奔走していたのに...今年は、あまり庭に手が加え
られなかったような...。
ボ〜ッと過していた訳でもないのですけどね。

まだやり残している事リスト。

石窯でパンを焼く。
燻製作りをする。
庭にモルタルをし、タイルを敷く。
庭木の剪定。(特に、梅の木)

雪が降る前にしなくっちゃ!と、お尻に火がつきます。

そして、それが終わったら、菜園で収穫した野菜で漬け物作り。
冬野菜の保存など。
さあ、頑張らなくっちゃ♪







この記事のみを表示する大きくな〜れ。冬野菜♪

家庭菜園

こちら岩手。
今朝、カーテンを開けていつものように岩手山を見ると、
頂上付近が白くなっていました。
そう、初冠雪です。

これから、どんどん寒くなります。




冬に向けて、野菜たちも一生懸命成長中です。
お盆明けに植えた白菜も、葉っぱが随分大きくなってきました。
これから葉っぱの数も多くなり、寒くなる頃巻いてくるでしょうか?
冬には、たっぷり食べたい白菜です。
頑張って大きくなってと声をかけます。

   thumb_DSCF4068_1024.jpg

こちらは、赤カブ。
東北では、冬の漬け物として無くてはならないものの一つ。
丸く大きく成長して欲しいですね。

   thumb_DSCF4069_1024.jpg

こちらは、大根。
種まきをする時に、袋から種を落としてしまい、その種が一斉に芽を出して
密集しすぎてる場所もあります。
間引きながら食べようと思っています。

   thumb_DSCF4071_1024.jpg

スーパーに行くと、人参がいつもより高い感じですよね。
まだ収穫するには、早いのですが...買うと高いので、間引きながら
チビ人参を食べています。
保存しながら春までいただきます。

   thumb_DSCF4072_1024.jpg

そして、こちらが飾ってよし食べてよしの食用菊です。
今、咲き出したのは、こちらのピンク。
花も不足気味なので、仏壇にも飾ってます。(笑)

   thumb_DSCF4074_1024.jpg

食用菊には、黄色とピンクがありますが...。
どちらも天ぷらやお浸し・酢の物で食べることが、多いです。
私は、どちらかというとピンクよりも黄色の食用菊が好きなんですけどね。
香りも色も黄色の方が、美味しいし美しいですよね。

これは、大人の味。
中途半端な大人(我が家の子供達)には、まだまだ旨さが解らないようです。


この記事のみを表示する本当に頂いて良いのですか?

美味しいもの

こちら岩手。
午後から、雷鳴とともに激しい雨が降っていました。
ラジオに入る雷のノイズが、心をソワソワさせます。
少し明るくなってきたから、峠は越えたでしょうか?




先日、夫が葛巻町のお客様より松茸を頂いてきました。
1〜2本頂いたのだろうと思ったら、な・なんと!1パックも頂いてきたのです。
何でも、今年は、松茸が大豊作で、そのお宅ではもう何回も食べたそうなんです。
そう言う事もあるのですね〜。
我が家は、山に入りキノコも採れませんし、高い松茸をそう食べる事もありません。
口に入る松茸も、外国産だったりというのが、正直な話。
国産松茸をこれだけいただけるなんて、本当にありがたい。

   thumb_DSCF4063_1024.jpg

汚れをキッチンペーパーで落としたまでは、良かったのですが...。
さて、何を作って食べようか?
食べ慣れていないので、まずは美味しい食べ方をネット検索です。

色々検索してみて、やっぱり「松茸ご飯」と「土瓶蒸し」かと思いましたが、
我が家には、土瓶が無い。
じゃ次は何?と思ったら、焼いて食べるのが美味い!という人も多かったので
松茸ご飯に3本。その他は、焼いて食べることにしました。

子供達に好評だったのは、やっぱり松茸ご飯。美味しく作れました。
(写真を撮っていませんでした。)
焼き松茸は、娘と次男は、「???」と言う感想。(食べ慣れていませんからね。)
あの特有の松茸の香りが、あまり好きじゃ無いようです。(笑)
二人は、エリンギの方が、美味いらしい。(苦笑)

長男は、あの香りも食感も好きで、ばくばく食べる始末。
姉弟が、あまり進まなかったのでラッキーだと言って食べておりましたよ。
お父さんの仕事のお陰で、良いものを食べられました。
次食べられるのは、いつでしょう?(笑)

こちらは、弘前に帰る娘に持たせた、「栗おこわ」
松茸ご飯を撮り忘れていましたが、こちらは撮り忘れていませんでした。

   thumb_DSCF4065_1024.jpg

胡麻くらい、ちょっと散らして写真を撮れば良かったですね。
私らしい、大雑把な仕事でしたね。