この記事のみを表示する育ちの遅い子

家庭菜園

こちら岩手。
昨日は、気温が上がらず晩秋の気温だった。

本日から9月。
世界も自分の周りも、思うようにならない事ばかりだけども...。
それでも、小さな幸せを感じられるからガンバルのだ。

今日は、すっきり晴れた空が気持ち良いし。
クロアゲハとキアゲハを見たしね。幸せ幸せ。





気温が低めの夏だったこともあり、どの野菜も途中で成長を止めたり
のろのろ成長していたり、今年の畑は、散々な結果なのだけども...。
それでもね。こんな風になっています。


     秋畑

冬に食べようと思っている白菜と大根。(上2枚)
冬の料理には、欠かせない食材なので、このまま大きく育って欲しいな。

里芋は、夏の気温にも臆することなく、立派に成長しているので、秋の収穫が
とても楽しみです。(真中)
芋の子汁にして食べたら、美味しいだろうね。

ちょっと赤い茎の植物は、赤カブ。(下右)
これも冬に漬物にして食べるから、大きく育って欲しいなと思っています。

そして、夏の収穫に間に合わなかったスイカ。
丸い苗を植えたと思っていたら、ラグビータイプのスイカ苗を植えていたようで、
畑に3個ほど育っています。
まだ葉っぱも元気だけども、ちゃんと熟れてくれるかな?ちょっと心配。
9月半ばに収穫して食べられますように♪

夕顔もゴーヤも1か月遅れで成長しています。
収穫できたら嬉しいです。

今年の野菜は、出来の悪い育ちの遅い子ばかりだけど、
それでも待っているからね。美味しくなるまで。