この記事のみを表示する老いては、子に従え。

猫・犬

こちら岩手。
晴れて良いお天気です。

巷では、「鶴の一声」でいろいろ論議されています。
私は、いつも途中から出てきて「鶴の一声」で、いろいろ変わった
あの球団の体勢が、大嫌いだった。
今回は、あの反撃に「良くやった!」と言う思いが、強かったのだが、
どうしてか?あの反撃した方に共感する内部の人間の少なさにがっかり。
私の「良くやった。」と言う思いは、間違っていたのだろうか?

私は、性格的に高圧的な態度の人に反発を覚える。
私の回りの人間関係でも、その通りで・・・。
金をばら撒いたり、遺産相続を盾に「言う事を聞け」と言う人に大反発してしまう。

「そんなもの要らない。」

夫婦と言うものは、本当に似ていて・・・。
夫も同じ考え。
遺産が、無くたって、親の面倒を見なきゃ無い時は、黙って見るだろうに・・・。
変な価値観を押し付けて、自分の老後を見ろと言う人とは、合わないのだ。

人間、引き際って大切。
いつまでも自分中心で君臨するのは、どうだろう?
「老いては、子に従え。」
「老いては、若いものの意見を聞け!」

子が、中年の粋入っても、引き継ぎできないのは、そう言う子供を作っていない
自分が、悪いのだと思うのだけどな~。

年老いて、確かに色んな知識を持っている。
その知識は、後で小出しにして、ありがたいと思われた方が、徳だと思うのだけど。
いつまでも、君臨したい人のなんと多い事か。(^^ゞ
残念だ。

ストーブ前で、のんびりくつろぐクロと銀太。

しっかり伸びきっています。

犬猿の仲のクロとささぎ。
暖かい場所を確保するには、しばしこの至近距離もガマンするささぎ。

しかし・・・。
クロが、ささぎをちょっと舐めようとするとっ!
ささぎは、耐え切れずに暖かい場所から退散しちゃいます。(≧∇≦)ノ彡 バンバン
「私、あんたなんか」大嫌いよ!」と言う感じなんですよ。




コメントの投稿

secret

No titleNo title

そうそう!私も同じ事思いました。
何故に彼を擁護する?賛同する人が、沢山現れないのか?
沢山いても不思議じゃないだろうにと思っていましたから。
それほど「鶴の一声」のお方の影響力が大きいのかもしれませんし
彼の人間性が・・・イマイチなのかも。
どちらにしても、高圧的な人は嫌ですね。
引き際って大切だし、自分もまたこれからそうい事意識してゆかねばと思ったり。
我が家も娘が嫁ぎ、来春には息子も結婚。いよいよ姑になる身となり
色々思う所が沢山あります。
日々精進、日々学びですかね?

No titleNo title

自分の肩書や権力やお金っていう「持ち物」を振りかざす人は、
そういうものに惹かれる人しか傍に寄ってこないんですよね。
人間として魅力がない人、尊敬できない人は、持ち物に頼るしかなく、
そうすると持ち物が無くなった時には、取り巻きがだれ一人いなくなる。
だから、君臨することをやめられないんだと思う。
哀しい人生よね。

No titleNo title

★むっちゃん。
 おはようございます。

 同じ考えの人がいて良かったです~。
 あの鶴の人声で、あの球団が嫌いになっていましたから・・・。
 美しい引き際って大切ですよね。

 あら~息子さんも来春には、結婚ですか?おめでとうございます。
 本格的に姑になりますね。まずは、自分が嫌な思いをした事
 を思い出して接するのが、一番なのかもしれないですね。
 お互い、謙虚に日々精進・学びましょう~。

No titleNo title

★kebaさん。
 おはようございます。

 そうなんです。
 「持ち物」を振りかざす人は、
 そういうものに惹かれる人しか傍に寄ってこないんですよね。
 物が欲しくていろいろご機嫌取りしてる姿を見ると、どうぞご勝手
 にと思ってしまいます。
 徳をするつもりでも、いろんな嫌な事も一緒にもらう事に気付いて
 いらっしゃらないようで、とても人間観察になりますね。
 悲しい人生で、悲しい生き方ですね。

No titleNo title

そうそう!!アタシも彼に拍手喝采していました
賛同すると思ってた人まで反旗を引っ込めて
やるせない思いで会見を見ています

でも ゴミ売りフアンのピン子さんは ナベさん贔屓
やっぱし~~~~似てるのよね(^^ゞ

権威を振りかざす人。。。居ますネェ
そして自分の尺度でしか物事が見えない人
他人のミスを理解しようともせずに許さない人
思いっきり打ちのめされてる人が居ることを判らないのかと...
世の中 弱い人も居るのだと気付いて欲しいです
寄らば大樹の陰!って人が多すぎます

No titleNo title

★わこさん。
 今晩は~。

 わこさんも同じ考えで良かったわ。
 内情は、どうなのか解りませんが・・・今までの鶴のひと声騒動
 をずっと見てきて、やっぱり不快でしたからね~。
 彼の味方は、誰もいないのが残念でなりません。

 寄らば大樹の陰。
 自立出来ない者たちが、おこぼれを拾おうとして右往左往
 している様子が見えます。(^^ゞ
 私は、損をしても自分流の生き方を貫きたいな。(^^ゞ

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)