この記事のみを表示するヘルパーtomoke、おさぼり?

介護

こちら岩手。
暖かくなったと思えば、雪がチラチラ・・・。
春なんだか・・・冬なんだか?

お外犬の太郎は、雪解けの水と泥で真っ黒!
しばらく太郎にタッチされないように、注意が必要な季節です。

今じゃこの雪も融けて・・・ドロドロ」なのです。
ここを走り回ったり、寝転んだりするものだから、触っちゃ危険なのです。


********************************************************
きっとしばらく話題にしていなかったので、随分落ち着いたように思って
いる方も多かったと思います。
我が家の父は、「微妙~。」(^^ゞ

どう微妙なのか・・・。
深夜の大声は、いつも通り・・・。
今まで、ベットに寝ていましたが、ベット柵を乗り越えて落下の危険性があるので、
今では、マットを敷いて、フロアに寝ております。

部屋のテレビや食事の台も全て廊下に出されて・・・。
危険な怪我のおそれのあるものは、全て部屋から出されました。(^^ゞ
必要な時に、看護師さんが、届けるのです。

そうなると深夜に徘徊しやすいようで、這って病室を出て廊下にいたり・・・。
ナースセンターまで行ったりしている様子。
まるでゾンビ!暗闇をハイハイで移動しているのです。(^^ゞ
行動を止めようとすると、癇癪を起した状態になり、手が着けられなくなるので
看護師さんは、怪我の無いように見守ってる状態。(^^ゞ
夜間の行動は、昼には、全然記憶にない。

毎日病院に行っていたが、私に対する我侭もひどくなり、今じゃ3日に一度の
見舞いにおサボり中。(^^ゞ
会わない期間を作った事で、若干だが、我侭も少なくなった。
「お前が、来てくれるのを待ってるんだ。」等と言うようになった。
春になれば、菜園の仕事がプラスされ、更に実家の家の草取りと畑の草取りが、
プラスされる予定だ。
娘としては、一週間に一度の見舞いにしたいと思っているのだが・・・。
さて、敵は、どうでるやら。(^^ゞ

近頃では、「退院する!」と言うので、私は、困るのだ。
だれも付っきりで面倒も見れないのだから・・・。

今日の父は、腕に打撲と擦過傷をつけていた。
夜中に肘をフロアに打ちつけて大騒ぎしたらしい。
「痛くないか?」「何をやったの?どうしたの?」と尋ねても無駄。
全然覚えていないし、痛くないらしい。

ここの病院は、食事を取れない父に食事を完食するまで回復させた。
しかし、体が元気になると、徘徊行動やら、大声やら・・・対応も大変。
本当に頭の下がる病院です。

病気だと言え・・・大変な父を看ていてくれる。
娘は、感謝でいっぱいですよ。

毎回病院を出る時に、「どうぞ今晩は、静かにしていますように・・・」と
祈って出てくるのです。

コメントの投稿

secret

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No titleNo title

★鍵コメさんへ。
 おはようございます。

 実家の草取りも畑も大変なので、病院に任せられる事は、
 お願いするつもりです。
 外仕事は、体力勝負ですからね。

 ビックリするほど、肉体的には、回復しています。
 でも、頭がやっぱり壊れているので・・・仕方ないですよね。

 頑張らず、サボり、適当な介護を目指します。(*^^)v

No titleNo title

病院によってこんなにも変わるんですね。
いい病院に巡り合えて良かったですね。
お見舞いの回数を控えることでtomokeさんもお父様もいい感じに。
それを提案してくれた病院側も素晴らしいですね。
病院選びって大切ですね。
といっても診てくれる病院を探すこと自体が大変みたいだけど。。
tomokeさんの介護をみていろいろ勉強させてもらいます。

太郎君、元気そう(^-^)

No titleNo title

★ちこさん。
 おはようございます。

 そうなんです。体の回復は、著しく・・・。
 でも、頭の回復は、ありえないので・・・。娘にすれば
 静かに寝てくれた方が、皆さんに迷惑をかけないと言う、複雑
 な心境なのです。
 自宅介護は、家庭崩壊ですよね。特に痴呆患者は、無理かも。
 私も、自分の老後を考えるよい機会となっています。

 太郎・・・真っ黒で・・・触るのを躊躇します。(^^ゞ

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)