この記事のみを表示する山ぶどうジュース作り。

家庭菜園

こちら岩手。
秋晴れで、どこかにドライブしたい気分。

3連休は、我が家には、関係なく・・・(夫は、日曜日しか休まず。(^^ゞ )
その日曜日も、のんびりする事もなく、のびのびになっていた実家の畑の
トラクターがけや庭のブロック敷き等をしておりました。

実家の畑は、今年最後のトラクターがけ。
これで春まで安心です。
耕す人を失った畑は、雑草が生えるので、草を生やさないように保全管理が
必要になります。
ここの地に生きて畑を利用して生きるのであれば、この畑も充分価値のある
ものになるのですが、ここで生活をしていない子供にとっては、今まで以上に
その存在が、負担になります。(^^ゞ
それでも親の残した畑や田んぼ、どうにか笑われないように保全しておかないと
いけないと思うのも娘です。

私達が畑に居ると、近所の人たちが、「来てるな?」と言う風に見ています。(^^ゞ
何をしているのか?見に来て助言してくれたりする人もいます。
いずれ、興味津々。σ(^_^;)アセアセ

父の遺した「山ぶどう」は、完熟して収穫を心待ちしていた様子。
父が生きていた頃は、この山ぶどうで何度喧嘩したことか。(^^ゞ
父にすればよかれと思って山葡萄を発酵させたのでしょうけど、蓋を取ると
ショウジョウバエが、ぷ~んと飛び出すような物は、どうしても嫌で嫌で
どこかだらしのない仕事ぶりに腹を立てておりました。

今年は、そんな父の在りし日の事を思い出しながら、ぶどう棚に顔を突っ込み
ひと房・ひと房大切に収穫して来たところです。

山葡萄は、これまた小屋から見つけた大きな竹の背負いカゴに入れて収穫します。

収穫した実と房を取り分け、鍋に入れてゆっくり灰汁を取りながら煮て、紫色の濃い
山葡萄ジュースの完成です。(明るい赤いジュースは、紫蘇ジュース)

このジュースが、15本出来ました。

ジャムも制作中です。煮詰めるのに時間が、かかっております。(^^ゞ

山葡萄の効能。
●活性酸素を除去し、老化や病気を防ぐ
●記憶力を高める
●ストレスを抑制し、疲労回復する
●発ガン物質の活性化を抑制する
●肌荒れを防止する
●更年期障害の肩こりを改善する
●冠動脈硬化を予防する
●血糖値の上昇を抑制する
●血中のコレステロールを低下させる
●脂肪の吸収を抑制する
●女性ホルモンのバランスをととのえる
●冷え性を改善するなど

などなど・・・たくさんあるようです。
年齢的にバッチリなので、手間はかかりますが、夏の紫蘇ジュースが終わったら、
秋は、山葡萄ジュースを飲んで健康管理したいと思います。

父が、生きていた時に・・・ここまで、利用してあげれたら親孝行娘でしたね。(^^ゞ

コメントの投稿

secret

No titleNo title

凄いですね、作業量考えただけでも目が回ります。
山ブドウ、栄養分がぎゅっと詰まったような色してますねぇ~
お父様が残してくださった素敵な贈りもの、
これから毎年収穫できるんだと思うと
そうやって毎年思いだしてもらえるお父様幸せかも、って思いました。

でも、手がかかりますねぇ~(苦笑)

No titleNo title

す、すごいですね!ぴっかぴかの完熟山ぶどう。
にしてもtomokedaさんは本当に働き者で頭がさがります。このジュースが15本+ジャム!にトラクター!!
私なんて、連休一体何をしていたんでしょう・・・反省。

No titleNo title

すっかり寒くなった札幌です。
体が冷え込んで辛くなってきました^^;

山葡萄の効能、
私に全てぴったりだわ(^_^)v

お父さんも残していって良かったなぁ~と
喜んでいるだろね^^ 偉いわぁ~tomoちゃん♪

No titleNo title

★kebaさん。
 おはようございます。

 手のかかる遺産ばっかり・・・。σ(^_^;)アセアセ
 でも、健康にも良いので、なんとか利用したいと思っています。
 山葡萄は、実も小さいし、種も大きいので、準備が大変。
 山葡萄ジュース、高いのが、良く解りました。(^^ゞ

No titleNo title

★myobentoさん。
 おはようございます。

 子供達に、いつも昼寝をしてる母だと言われてます。(^^ゞ
 トラクターは、夫にかけてもらって、私は、ブドウの収穫をして
 いました。(^^ゞ
 山葡萄、ジャム作りも苺よりも大変。手間が、半端じゃなかった~。

No titleNo title

★manekinntettiさん。
 おはようございます。

 何だか急に寒くなりましたよね。
 このまま暖かい冬って言うのも・・・と、期待したのですが・・・。
 やっぱり冬は、来るのね。
 そろそろストーブ点火も近いかしら?

 家の父?喜んでいるかしら?きっと、「そうじゃない!」とやり方
 に注文をつけているかもよ。(^^ゞ

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)