この記事のみを表示する古時計

いろいろ

こちら岩手。
地震の次は、大雪?
朝から降った雪は、もう道路に積もり始めました。
雪道の運転は、いつもの倍の神経を使います。


実家から持ち帰ったものに、お爺さんの古時計が、ある。

チクタクチクタク、ぼ~んぼ〜んとなる時計。
私の母方のお爺さんの時計です。
誰も住む事の無くなったお爺さんの家から、父が、自分の家に持って来て
壁にかけていた時計。
今度は、私の家にやってきました。(夫が、持って来ました。)
大きな時計は、国鉄に勤めていたお爺さんの勤続○年のお祝いに頂いたもの。
ゼンマイが、固まったりしてどうも調子がいまいち。
ぼ〜んぼ〜んとなってみたりならなかったり。
ずっと我が家でも使ってみたいと思った夫が、修理に出してくれて、昨日
我が家に直って戻って来ました。
快調にチクタクチクタク...ぼ〜んぼ〜んとなって時を知らせてくれます。
ゼンマイ仕掛けの時計なので、夫が毎日ネジを巻く事になります。

時計屋さんも修理を断ろうと思っていたようですが...。
実物を見たら直したいと思ったようで、一ヶ月かけて直してくれました。
これから20年ほどは、大丈夫だろうと言っていたようですが、その頃
また修理をしてくれる時計屋さんが、あるんでしょうか?
(時計屋さんは、高齢なので...)


コメントの投稿

secret

No titleNo title

うちの実家にもSEIKOSHAの振子時計があります、
なんかtomokeさんに来た時計と酷似してる~
再来週実家に帰るので、仏間にかけてある時計
写真にとって来ようっと。
うちのは父が初任給で買ったはず、
裏話もゲットしてきまぁ~すっ

っていうか・・・、あのうちはもう誰もすまないわけだし
あたし、もらっちゃおうかな、あの時計(苦笑)

No titleNo title

きっと時計もtomokedaさん家に来れて喜んでいるでしょうね。
かなり大きくて重そうですね。 もしや黒檀?

雪、早々としっかり積もっちゃいましたね。根雪にならないといいですね。

No titleNo title

懐かしいですねぇ~♪
うちの実家にはもうありませんが、子供のころねじを巻くのは
父の仕事だったのを思い出します。
お爺さんの代からの時計、大事にされてたんですね。

雪!凄いですね!車の運転、気を付けて下さいね~♪

No titleNo title

わ~もう真っ白ですね。
こちらも日に日に寒さが増しています。

古時計、立派ですね。
こんな立派な時計じゃないけど、うちにも私が小さい頃振り子時計がありました。
むっちゃんとこと同じく父が毎日ねじを巻いていましたね。
なんだかボーンボーンって音が聞こえてきそうです。

No titleNo title

すごいすごい、立派な時計ですね。素敵です。
私の時計を修理してくれていた時計やさんは、今年ご高齢のためお店をたたんでしまいました。これから私の手巻き腕時計は誰が修理してくれるのか・・・と考えるとちょっと不安です。行きつけの靴修理屋さんもご高齢なのです。いつまでもお元気でお仕事を、と思わずにはいられません。

No titleNo title

★kebaさん。
 こんにちは。

 ありますか〜。仲間仲間。
 私は、あまり興味なかった(故障してたので)のですが、夫が
 タオルにくるんで持ち帰っていたんですよ。修理にも出して
 くれてありがたいですね〜。

 kebaさんもお父さんにもらったらいいですよ。
 でもね。ぼ〜んぼ〜んと深夜でも鳴り響きますけどね。
 お父さんも喜びますから、時計の話を教えてくださいね。

No titleNo title

★nanbunekoさん。
 こんにちは。

 黒檀じゃないと思うけど....黒い板で彫り物も施されています。
 雪、どか〜んと降りましたね。今朝の雪道の運転は、疲れましたよ。
 つるつるで怖かったです。

No titleNo title

★むっちゃん。
 こんにちは。

 小さい頃、お爺さんが、ネジを毎日巻いていましたね。
 そうか〜。やっぱり小さい時の思い出にあるんですね。
 今になれば、大切な思いですね。

 一気に降りました。この日の一日前は、雪もありませんでした。
 もう神経使って車の運転をしなきゃないですね。

No titleNo title

★ちこさん。
 こんにちは。

 ちこさんの所にもあったのですね。
 今考えると、贅沢な思い出を私たちは、持っていますね。
 そう考えると長く使ってあげたい時計です。
 ぼーんぼーんの音、懐かしいですよ。
 

No titleNo title

★myobentoさん。
 こんにちは。

 昔の品物は、使い捨てに作られていませんからね。
 長く修理をして大切に使う。大切な事を教えてくれています。
 時計屋さんも高齢化して継ぐ人もいないようですから。
 こう言う物を直せる人って貴重ですよね。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)