この記事のみを表示する豆乳入りタイ焼き。

パン・ケーキ

こちら岩手。
深夜に轍になってた道を除雪したらしく、固まった氷を自宅駐車場の
入り口にこんもり盛り上げていった。
道路の凍りは、重くて、すぐに片付けないと更に固まるのだが...。
深夜の除雪なので、誰も片付けられずに、そのまま朝まで固まって
しまったのです。
ローダーだと簡単なんだけど、夫不在の今日は、私の仕事となりました。
とんでもない重さ〜。
近頃、腰を酷使しているので痛い。



アーモンドプードルを入れてパウンドケーキを焼いてみた。
中には、クルミとアーモンドとドライフルーツ。
一本は、ご近所さんへのお礼。
一本は、娘にと思ったけど、義母にお礼になった。
我が家用も、一本。久々に焼きました。

そして、こちらは、タイ焼き。
今回は、牛乳じゃなくて豆乳を入れて焼いてみました。
少し、豆乳の香りがするような?でも、豆乳でも十分美味しく頂けるので、
豆乳入りにタイ焼きもありかなと思っています。
これも、ご近所さんへお礼でパウンドケーキと一緒に持って行きました。
だって、卵を25個も頂いたのですよ。

材料
 薄力粉150g
 ベーキングパウダー大さじ1/2
 卵1個(M)
 豆乳180㎖
 粒あん 真ん中に入れる位






コメントの投稿

secret

No titleNo title

凄い!!パウンドケーキは作ったことがあるけど・・・
たい焼きなんて買うものだと思ってるから~驚いちゃった!

たいやきの型が家庭にあるの?
ガスで?オーブンで?

ますます尊敬の眼差しだわぁ~(笑)(*´з`)

No titleNo title

腰は大丈夫ですか?
ぎっくり腰にならないように気をつけてね。
わたしも慢性腰痛だから、雪かきは怖いわ。

パウンドケーキもたい焼きもおいしそう。
わたしもtomokeさんちのご近所になりたいです。

No titleNo title

怖い怖い アーモンドプードル入りのパウンドケーキですね。
いえ カロリーのことですが(笑)
3本も焼くってすごいな〜。
つまりタネも3本分って結構ありますよね。
鯛焼きも豆乳で作れるんですね。
確か以前に鯛焼きの型をブログで拝見して
その時は欲しい!って思ったけど
結局そのままだな〜と。
またちょっと気になり出しましたよ。

No titleNo title

★manekinntettiさん。
 おはようございます。

 たい焼きね。型さえあれば意外と簡単なんですよ。
 市販の物よりちょっと小振りだけど、いいですよ。
 これは、電気のビタントニオと言うものを使ってます。
 
 お孫さんと一緒に手作りも楽しめるので、良いですよ。

No titleNo title

★かおるさん。
 おはようございます。

 氷の塊は、スコップで投げられずに、一度スノーダンプに
 乗せて、運びましたよ。
 私も慢性腰痛だから、本当に気をつけないと動けなくなり
 ますよね。ストレッチしながらやってます。

 かおるさんとご近所だったら、一日お茶のみを楽しめましたね。
 色んな物の交換も出来て楽しかっただろうな〜。

No titleNo title

★shogame2さん。
 おはようございます。

 えっそうなんですか?怖い位カロリー高いの?
 そうだよね。アーモンドだものね。余っていたので
 使わないと駄目だと思っていれました〜。
 そして、しっかり食べました。(苦笑)

 小振りなタイ焼きなので、おやつにいいですよ。
 豆乳でも十分でしたよ。

No titleNo title

あらあら、大変ですね。
腰、痛まなかったら良いけれど・・・大事にしてくださいね。

パウンドケーキ、アーモンドプードル入れるとグレードアップするよね。
美味しい香りがしてきそうです。
タイ焼き、なるほどね!豆乳だとヘルシーで健康的だよね。
久しく食べてないなぁ・・・食べたくなってきたわ(笑)

No titleNo title

ナッツの入ったパウンドケーキアーモンドプードルで仕上げると

相性良いでしょうね、木の実仲間だもんね。

美味しいものは軒並みカロリー高いですよね。
tomokeさんのご近所さんになりたいけど
ダイエット大変かも(笑)

No titleNo title

★むっちゃん。
 おはようございます。

 腰に負担がね〜。腕も筋肉痛です。

 豆乳で作りました。それも成分無調整のしっかり豆乳。
 大丈夫でしたよ。
 色んな作り方をしてみようと思っています。

No titleNo title

★kebaさん。
 おはようございます。

 さくっとした食感でしたよ。
 カロリーは、高いようですね。
 その為に雪かきを頑張ってるようなもの。美味しく
 お茶の時間を楽しめます。(笑)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)