この記事のみを表示する朝食にガレット。

パン・ケーキ

こちら岩手。
お隣の国からの黄砂のせいなのか?
気がつけば、窓ガラスが、何だか埃っぽく黄色い。
先日の雨の時に、窓についたのだろうか?

一周忌で帰宅していた娘も弘前に帰って行った。
帰りの車は、家の隅々から集めた食材を積み込んで...。
お陰で、我が家の食料庫は、すかすかになっております。

今朝の朝食は、ガレット。
でも、このガレット...テレビで見たことはあるけど、お店で
食べたことがない。
想像で作ってみた。

我が家の夫は、「こりゃ何だ?」状態。
しばらく食べるのを躊躇っておりました。

一周忌の決算報告も作り終えたので、そろそろ外に出る頃。
庭に散らばった枯れ葉やら、モグラの穴等を綺麗にしようと思います。





コメントの投稿

secret

No titleNo title

以前・・・軽井沢のホテルの朝食で食べた「そば粉のガレット」がとても美味しかったので
そば粉を購入したんでが・・・作ってません・・・
確か、卵とベーコン・・・それにいろいろとトッピングできるような
野菜があったように思います。。。
作らずにいたら・・・忘れそうです 笑

法事・・・お疲れ様でした。

No titleNo title

ガレット、食べたことがありません。どんな感じだったのかな?
ネットをやっていると、変わったものでもすぐにレシピ検索できるけど
やっぱり一度は、外で食べておきたいですよね^m^
でないと~実のところ、作ってて自信ない~って事多いです。
ちなみに私、先日「アヒージョ」なる物を作りましたが
どうやら、お店の物とはちょっと違ったようです(笑)
早速土曜日に、食べてこようと思っています。

No titleNo title

おいしそう~
しかもタンパク質もビタミンもとれる才色兼備じゃないですか
いいなぁ、素敵素敵。
でも、
しばらく固まったご主人、笑いました

No titleNo title

いや~ん、美味しそうじゃないですか!
ガレットってちょっとクレープみたいなのに
卵とかソーセージとかチーズとか入れて焼いた感じ?
優雅な朝食ってかんじにみえます。
まるでカフェみたいな。
最近は、知らない名前のお料理やお菓子、結構見ます。
私みたいなお年になると、???も多いです。
そうそう 高校生の頃「ピラフ」って初めて聞いて
どんなお菓子?って友達に聞いたことありましたっけ。
タルトも大人になってからフレンチのお店で味わいました。
ガレット・・・・ここは一発旦那様とデートで食べてきては??

No titleNo title

★メリィさん。
 こんにちは。

 そうそうそば粉もいいですよね。
 今回は、小麦粉だけで作りました。
 卵とベーコンとチーズを入れました。
 でも本物を食べていないから、どんな味なのか解らず
 想像のみで作っていますよ。

 法事、終わりました。
 来年の3回忌まで、ちょっとゆっくりします〜。

No titleNo title

★むっちゃん。
 こんにちは。

 実は、私は、これを食べていないのです。
 朝は、バナナヨーグルトジュースのみなのでね。

 アヒージョなるもの?私も知らない〜。検索しなくっちゃ。
 やっぱりね。食べてみないとさっぱり味が解らないですよね。
 私も、どこかで食べなくっちゃね。

No titleNo title

★kebaさん。
 こんにちは。

 我が家の夫は、生まれて初めて見たんだと思うよ。
 私も食べたことないしね。(苦笑)
 箸か?ナイフか?とぶつぶつ言ってましたから。
 ちょっとお野菜と果物をつけてみましたよ。

No titleNo title

★shogame2さん。
 こんにちは。

 そうです。その通り。チーズも入っています。
 これは、どこかのホテルの朝食かなんかで頂きたいですね。
 未知の食べ物ばっかりで、ついて行くのも大変ですよね。
 世の中って、まだ知らない物が、たくさんありそうですね。

 カフェのような食事を目指しましたが、食べてる人が、和風。
 イメージが、悪すぎましたよ。(苦笑)

No titleNo title

美味しそう~!!お洒落ですよ!!クレープ、きれいに焼けてます。
クッキーやクレープのように丸く焼いたものはガレットと呼ぶそうです。そば粉のガレットはノルマンジーが発祥の地ですが、もともと寒くて小麦ができないのでそば粉を使ったのだそうです。小麦粉で作ったものは高級品でしょう!!日本で最初のガレット専門店が前の職場の近くだったので、よく食べに行きました。店のフランス人の親爺さんが焼いてくれました。どんぶりみたいな器に入った、リンゴから作られるシードルを飲みながら食ましたよ。
tomoke家のおうちカフェは素敵です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)