この記事のみを表示するお彼岸のおはぎ。

パン・ケーキ

こちら岩手。

お彼岸なのでお墓参りに行ってきました。
そして実家の工事が始まる前に、庭木にお清めの塩とお酒をかけて
今までの感謝の気持ちを伝え帰宅しました。
遅れていた取り壊しの工事もやっと10月に開始されます。
その取り壊し前に、倒木される木々にありがとうを伝えました。
そして家と小屋にも...。
こみ上げる感情。
やっぱり私たちは、ここで育ちましたからね。
「アリガトウ。アンゼンノタメニトリコワシマス。ゴメンナサイ。」
これで、私の跡取りとしての仕事も終わり。

朝から「おはぎ」を作りました。


枝豆のずんだと餡子は、前に冷凍保存した物を使ったので、
忙しい朝でも簡単に作る事が出来ました。
20個作りましたので半分は、いつもお野菜を頂くご近所さんへ。
おはぎのお餅にすこ〜し塩を入れたら更に良かったかも?等と
思いながら食べています。
作るとね〜。全部処理しないといけませんからね。

2個も食べちゃ、食べ過ぎですよね。
食欲の秋、さて何キロ増えて定着するやら...とほほ。

コメントの投稿

secret

No titleNo title

きれいなおはぎ。
小豆+アルファーだと東北地方はずんだですよね、
あたしはきな粉のおはぎでした。
どちらも大豆なのに、お国柄が出て面白いです

いよいよですね、とりこわし。
跡取り業、おつかれさまです

No titleNo title

美味しそうですね~♪おはぎ。

いよいよ取り壊しですか・・・。
私の実家もいつか壊さなくてはいけないので
壊すにあたってのいろいろを近頃考えています。
建てるときや樹を植えるときには考えもしなかったんでしょうが
誰かが処分しなくてはいけないんですよね・・・。

No titleNo title

生まれ育った家を取り壊すと言うのは、感慨深いものがあるのでしょうね。
お清めして気持ちを伝えてきたtomokeさん、優しいですね。

おはぎ、久しく食べていません。そうだよねお彼岸だもんね。
おいしそう・・・食べたいなぁ(^_^;)

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No titleNo title

子供のころ住んでいた家が無くなるのはこみ上げるものがありますね。
私が中一まで住んでいた家は今はマンションになってしまってます。
残ってる写真を見ると懐かしいですね。
tomokeさんもいっぱい写真撮っておくといいと思います。

おはぎ、きれい~~
とっても美味しそうですね♪
私はずんだのおはぎを食べてみたいです!
tomokeさん、お隣に来て~

No titleNo title

★kebaさん。
 今晩は。

 今年は、枝豆を沢山頂いた上に、自分でも作っているので
 頂いた分は、つぶして冷凍していました。
 きな粉のおはぎも良かったですね。

 取り壊しやっとですね。
 業者も忙しいようでやっと順番が来ましたよ。
 冬が来る前で良かったわ。跡取りも大変ですね。(苦笑)

No titleNo title

★nanbunekoさん。
 今晩は。

 そこで暮らす者がいればこそ価値のある物ですが...。
 そうじゃないと大変です。
 庭木も一本毎に値段がつきますからね。恐ろしいです。
 自分が利用出来ない申し訳なさも感じましたが、仕方ない
 ことですね。

 お彼岸なのでご先祖様に作りました。食べるのは、私ですけど。(笑)

No titleNo title

★むっちゃん。
 今晩は。

 生きている木々も伐採しますから、お酒と塩で清めました。
 自分自身もやる事をしていれば気持ちの整理が出来ますから。
 
 お彼岸なので、作ってみました。
 自己満足ですが、ちゃんとお彼岸も終えました。

No titleNo title

★鍵コメさん。
 恐縮です。ありがとうございます。

No titleNo title

★ちこさん。
 今晩は。

 お清めをしていたら、何だか涙ぐんでいました。
 さっぱりすると思っていたんですけどね〜。
 玄関前で家族で写真を撮っておきましたよ。

 おはぎの食べ過ぎで、太りそうですよ。

No titleNo title

ずんだもち 家庭でも作れるんだね。
もしかして枝豆も自分の家で採れたもの?


本当にプロ顔負けだわぁ~ 
素晴らしいね(*^^)v

No titleNo title

★manekinntettiさん。
 こんにちは。

 そうなんです。
 ずんだも作れましたよ。
 この時の枝豆は、近所から大量に頂いた枝豆を冷凍して
 置いた物を使いました。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)