この記事のみを表示する白い月。

いろいろ

こちら岩手。
放射冷却で、しっかり朝は冷え込みます。

夏の間、外で過ごした鉢植えの植物達を鉢あげして部屋に入れました。
季節季節に同じ事を繰り返して、一年が回る。
平凡ですが、何よりこの平凡でいる事が、大変難しいと思うこの頃。
幸せも全てこの平凡な営みにあると言う事に気づきました。
私も、大人になったものです。(笑)

昨日、病院の帰りに見た月。
あまりにも大きくてまんまるで...。
夕方の月は、まだ黄色い輝きじゃなくて、白い月。
自宅で息子を下ろしてから、カメラを片手に月の綺麗な場所まで走り
撮った一枚。

本当は、もっともっと大きくて素晴らしい月だったのだけど...。
画像で見てみると、ちょっとガッカリ。
ああ、あの月を皆さんに見せられなくて残念です。
私の古いデジカメじゃ、これが限界でした。

実家がね。
綺麗に解体されて更地になっておりました。
道路に木が倒れたらと心配した杉の木も、すっきりカットされて
台風や大雪の度に心配しなくてもよくなりました。
安心したと同時に、「ああ、何にも無くなっちゃった。」と言う
気持ち。ここで暮らした事が、いろいろ思い出されました。
家と小屋が無くなった土地は、妙に大きく見えました。




コメントの投稿

secret

No titleNo title

きっと、とても素敵なお月様だったのでしょうね。
でも十分素敵な色の空にぽっかりと、素敵な月ですよ!

実家、更地になったんですね。
いろんな思いが交差するんでしょうね。
私の実家は両親がまだいますが、この夏からしばらく留守にしていたら
水回りに虫が出たりと、ビックリすることがありました。
人が住んでいない家はダメになるって、こう言う事なんだと知りました。
私も2人姉妹何で、いずれ実家はなくなるんだろうなと 最近は思いにふける事も。
思いでたっぷりのご実家、また新しい門出になるのでしょうか?
また、そこで新しい歴史ができるんでしょうね。

No titleNo title

★むっちゃん。
 おはようございます。

 それは大きな大きな月でしたよ。
 まだ白くてね〜。素敵だったのですが、写すとこんな感じ。
 がっかりしました。

 工事も終わったと言うので見に行ったら...。
 綺麗になっていました。
 壊すのに本当にお金がかかります。植木も一本○円と言う
 ふうにお金がかかりますよ。我が家は、木を切るだけで30万
 の値段でしたよ。
 
 子供達が、どうしても田舎に行くと考えずらいので...。
 あの土地は、ただの更地になると思います。
 何だか親の生き方を否定してるようですが、仕方ないですね。

No titleNo title

周囲が映っている方が、大きさが実感できますよ
綺麗なお月様、こういうのをみるとなんだか気持ちが落ち着きます。

No titleNo title

★kebaさん。
 今晩は。

 夕暮れ時の月で、まだほんのり白い月。
 それはそれは、美しかった〜。

No titleNo title

この日のお月様 ちょうどアタシも通りかかって眺めていましたよ
ほんと!思わず撮りたくなるようなお月様でした
丁度土井晩翠さんの亡くなられた日 
荒城の月を思い浮かべました

No titleNo title

★わこさん。
 こんにちは〜。遅れてごめんなさい〜♪
 見過ごしてました。

 見ましたか?凄く綺麗な月でしたよね。
 土井晩翠か〜。そうですね。朗々とした歌を歌いたくなる様な
 月でしたね。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)