この記事のみを表示する普通にして、じっと待つ。

子供達

こちら岩手。
裏の林の栗の木の葉っぱが、ちらちら落ち始めています。
冬ですね。
今日は、あまり気温が上がらなさそうです。

本日息子が、修学旅行へ出発しました。
3月の発病から何とかこの旅行にだけは参加させて、楽しんで来て
欲しいと願っていました。それだけに今日は、とても嬉しいのです。

今まで、遅々として進まない治療に反抗し治療を拒否したり、
どうにもならない現状から抜け出せずに、物に当たり散らしたり...。
私も、通院の帰りに帽子を深々とかぶった頬から涙が流れている息子
の姿を目の当たりにした時、涙が溢れました。

思春期の容姿の変化は、精神的にダメージを与え、貝のように心を
しっかり閉ざしてしまっていました。
こうなると誰の言葉も息子に届かず...。

帽子をかぶっての登校は、容赦ない好奇の目にさらされかなり傷つ
いていたようです。
本当に頑張っていました。
救いは、それでも学校にだけは、通い続けている事です。
今回、完全に直った訳じゃありませんが、帽子を脱いで旅行に参加
出来るまでになりました。
ちょっとほっとしています。

私は、息子の件を通し、無力な親ですが、「普通にしてじっと待つ。」
と言う事を学びました。

病院に行くと多くの方が、この病気で通院されています。
小学生の男の子・赤ちゃん・高校生の女の子・主婦...。
本当に色んな方が苦しんでいるようです。
きっと皆さんもいろいろ悩み、じっとその時を待っていらっしゃるのですね。

いつかきっと、息子も前のように普通に話し笑う時が来ると思っています。
そのきっかけにこの旅行がなるといいなと思っています。


外仕事も終えましたので、これからは織り姫?織り婆になります。

母の遺した毛糸を選んできました。
さて...これで冬用のマフラーを織ろうかしら?

コメントの投稿

secret

No titleNo title

息子さん、修学旅行に行ったのですね。
楽しく過ごしてくれれば良いですね。

やっぱりデリケートな人は、大人になってもデリケートだと思います>うちの長男
どこの国にいるのか行方がわからなくて、友人間では「行方不明」になっていた時期もあって、友人から「Mはどこにいるんですか?」なんて電話がきても、親もわからなくて・・・・
今は6歳年上のお嫁さんがしっかり支えてくれて、我々夫婦との橋渡しもしてくれています。
いろいろあったけど、彼女と結婚していなかったら、どうなっていたかな~と思うこともあります。

tomokeさんもまだまだ大変でしょうが、
「普通にしてじっと待つ」
親はこれしかないよね。

No titleNo title

おはよう(#^.^#) 昨日は結構早い時間に雨が上がり、今日は晴れています。
気温は少し下がりそうだけれど、そちらから比べれば楽なものだよね。
色んな意味で「普通」って言うのは難しいよね。私自身病気してから
普通でいられる大変さって言うのを、身に染みて感じています。
そして、ジッと待って見守るって言うのも大変。
無力なのではなく、親にそれだけの忍耐力と子供を信じて見守る力があるんだと思います。
それって凄い事だよね。
私自身も子供の事では、親は無力だなと感じる事多々あったけれど
乗り越えられた時には、 嬉しさはひとしおでした。
胃痛ではなく、胃をはきだしそうな時期もありました(汗)でも、今はそれなりに幸せに暮らしてます。

No titleNo title

★かおるさん。
 おはようございます。

 行けるかどうか心配していましたが、行く事が出来ました。
 旅行中に何があっても戻って来れないと思うので...。(笑)

 真面目すぎる性格が問題だったのかもしれませんし、極度の
 アレルギー体質だと言う事も原因の一つかもしれません。
 難治性だったようです。
 きっと、治ったり再発したりを繰り返すのかと思ったり...。
 でも、普段通りにじっと待つしか親に出来る事は、何一つ
 ありませんからね。見守ります〜。

 かおるさんもいろいろお疲れじゃないですか?
 体壊さないでくださいね。

No titleNo title

★むっちゃん。
 おはようございます。

 この歳になると普段通りの生活が、どんなに大切で幸せか
 解ってきますよね。特に、病気を体験したりすると益々。
 見守る辛さをひしひし感じました。これからもそんな日が、
 何度となく来るでしょうけど、頑張らなくっちゃね。
 
 今日は、奈良方面に行くらしいよ。晴れたら紅葉最高だろうね。

No titleNo title

高校時代、親の転勤で転校させられた学校に馴染めず
計画的登校拒否(単位取得必要最小限しか学校に行かなかった)あたしは
修学旅行も当然拒否ってました。
どうしてあれだけかたくなだったのか、今では不思議なくらいですが。
でも、だからこそ、修学旅行にいらっしゃった息子さんの
前向きな姿に頭が下がります。
偉いぞ〜

No titleNo title

★kebaさん。
 こんにちは。

 kebaさん修学旅行拒否してたんですか〜。
 我が息子も心が頑なになっている様でしたが、どうなる事かと。
 文化祭は、人が多く来るから不参加だったので、修学旅行も
 ダメかと思っていました。この病気になり不登校もありえると
 覚悟したのですが、学校だけは頑張って行ってます。
 もう再発しなきゃいいのですが...。
 修学旅行、楽しんで来て欲しいです〜。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)