この記事のみを表示するお萩。

パン・ケーキ

こちら岩手。
連休は、天気に恵まれ何処の行楽地も大変混み合った事でしょう。
我が家は、夫の仕事が忙しくて、連休も何も無し。
お墓参りに出かけた位です。




秋の彼岸は、お萩を作り栗入りのお赤飯を蒸かし
仏壇に供えました。
毎年、恒例の行事です。

そして祈る事は、家族の健康と仕事の事。
いつも同じ様な事ばかりですが、この暮らしの伝統は、日本人として
大切にしたいと思っています。

日本人は、外国の方と違って無宗教だとかいわれますが...。
今、この年になって考えると、ちゃんと心の中に宗教は、入り込んで
いる事に気づかされます。
他の宗教のように、毎週日曜日に集まりお祈りをする事もありませんが、
伝統として長い時間培われたモノが、私達の心に芽生えてる事を感じます。
親が、ずっとしていた小さな事ですけども...。
私たちの周りにある仏教は、酷く勧誘する事もしないので、なんら信じて
いない感じが、若い頃しておりましたが、先祖を思い暮らす事、家族を
思い暮らす事も、地味でありますが、大切な事と思います。

お彼岸やお盆を通し、ご先祖様を思い出してあげる事も良いじゃありませんか?

3人も子供を育てていますが、一人位親の思いが通じる子が、居たら幸い
なのですけどもね。(苦笑)

    DSCF3345.jpg


2015秋のお萩。
今年は、1合の餅米を使ってお萩を10個作りました。
餅米を蒸かす時に、塩を入れて味をつけておきます。
そうすると、餡子の甘さが良く感じられるのが、私流。





コメントの投稿

secret

No titleNo title

殺生しないっていうのも宗教的価値観ですよね
十字軍みたいに戦って征服するんじゃなく。
目立たないのかもね~
だけどもうちょっと仏陀の教えは
お寺がちゃんと発信すべきじゃないかとも思うこともあります

Re: kebaさん。Re: kebaさん。

おはようございます。

> 目立たないのかもね~
> だけどもうちょっと仏陀の教えは
> お寺がちゃんと発信すべきじゃないかとも思うこともあります

他の宗教のように勧誘も発信もあまりしないからね。
自ら寄って来た人に教えるというか・・・。
宗教が違うと言って、人間の付き合いを強制しないで相手も
尊重するというのが、良いと思っています。